独奏ブログ

愛媛県松山市二番町に生息するBARMANの、日々の雑記です。 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  Top

2009.10.14[水] 独奏

先日お客さまから「なんで『独奏』なの?」という質問をいただきました。そういえばウェブ上では書いたことない鴨。

んなわけで、只今ほろ酔いですが、ちらりほらりと。

まずは前身のお店『独創』と読みが同じだと言うこと。しかしながら、前オーナーほど独創的なことができる自信なぞ欠片もなかったので、前オーナーの了承を得て、読みは同じで漢字を『独奏』にしました。読みが同じだから電話で言い間違えないため、というのは内緒です。

ではなぜ『毒草』でなく『毒荘』でもなく『独奏』なのかというと、独りぼっちで営業しているから、というわけでもなかったりします。ま、替わった『奏』の字を見たほうが早いですね。

DSC_5342-s.jpg

『独』が『獨』なのは気にしないでください。『奏』の字をよく見ると、いや寧ろテキトーに見ると両側が手のように見えてきます。え、見えない?見えなくても無理矢理そう思ってください。で、独り芝居は飽きたので少し端折って、『奏』という字は人が神様?か天?かに杯(捧げ物)をしているところから成り立っているのだそうです。

ちょうど店名をを考えている時に、この落款を作っていただいた“元”国宝修復なぞを手がけてらしたお客さまに伺ったので「こりゃ良いな」ということで、店名の候補となりました。

んでもって、また別の某マエストロと呼ばれる指揮者なお客さまとお話していた際にこの店名候補のお話をすると、音楽の『独奏』も当然といえば当然なのですが、神様に雨乞いであったり音楽を捧げるのが云々なお話を伺ったのでした。

これらのお話を伺い、私自身、ずっと飲食業の世界で生きてきたわけではないからか、『どーだ俺様的なカクテル』を提供するキャラクターでもなく、最初に書いたとおり、独創的なことができる才も見当たらず、できることといったらただただお客さまに感謝の杯をお出しすることくらいだなと思い、店名候補が見事に店名に確定し『独奏』となったのでした。

ちなみに個々のお客さまに最終的にお飲み物を捧げるのは相対した独りのスタッフになるので、仮にスタッフが増えても合奏じゃなくて独奏で良いのかな、なんて考えておりますが、今のご時世新たにスタッフを雇う余裕はないでござるよ。

ニンニン

スポンサーサイト

2007.10.25[木] あらためて、はじめまして


独奏は、「独創」から「独奏」と改称して2007年10月に新装開店させていただきました。カウンター8席、テーブル1席のちいさなお店なので、おひとり、おふたりのお客さまが多いのですが、たまに団体さまで賑やかになることも。

ご注文は、旬の果物を副材料とした、フレッシュ・フルーツ・カクテルが、中心でしょうか。スタンダード・カクテルも、できるだけご要望に、お応えさせていただいてます。

ウィスキー、ブランデー、ラムなど、ストレート、トゥワイス・アップ、オン・ザ・ロックで飲み応えのある洋酒も、数多く取り揃えております。特にアメリカのバーボン・ウィスキーは、店主独自の仕入れによる貴重な1点物も。現在の物と、何十年も昔の物を飲み比べてみたり、生まれ年のお酒と向き合うのも楽しみの1つではないでしょうか。

ワインはないですが、ビールはあります。ただし全てが瓶ビールです。アメリカやベルギーの個性豊かな味わいの物が中心にセラー、冷蔵庫合わせて3台で管理しております。嗜好に合う物、合わない物、色々ありますが、どれも作り手が「うちのが一番!」と自負しているんだろうな、などと思いながら味わうと、これまた楽しいものです。

皆さまの支えで、少しずつ成長している独奏は、酒を飲むことを目的に、ある時は、楽しく語り合い、そしてまた、ある時は、静かに想いを巡らす場所でありたい、と考えています。

お酒を飲む、ということは、大人に与えられた特権です。場を読み、他のお客さまへの配慮ができる、そんな飲み手が集う場所、『独奏』を目指していきますので、これからもよろしくお願いします。



                                           2007年10月
                                            店主めがね

2006.04.12[水] はじめまして

独創は、2004年10月に開店させていただきました。カウンター8席、テーブル1席のちいさなお店なので、おひとり、おふたりのお客さまが多いのですが、たまに団体さまで賑やかになることも。

ご注文は、旬の果物を副材料とした、フレッシュ・フルーツ・カクテルが、中心でしょうか。スタンダード・カクテルも、できるだけご要望に、お応えさせていただいてます。

ウィスキー、ブランデー、ラムなど、ストレート、オン・ザ・ロックで飲み応えのある洋酒も、数多く取り揃えております。特にアメリカのバーボン・ウィスキーは、店主独自の仕入れによる貴重な1点物も。現在の物と、何十年も昔の物を飲み比べてみたり、生まれ年のお酒と向き合うのも楽しみの1つではないでしょうか。

皆さまの支えで、少しずつ成長している独創は、酒を飲むことを目的に、ある時は、楽しく語り合い、そしてまた、ある時は、静かに想いを巡らす場所でありたい、と考えています。

お酒を飲む、ということは、大人に与えられた特権です。場を読み、他のお客さまへの配慮ができる、そんな飲み手が集う場所、『独創』を目指していきますので、これからもよろしくお願いします。



                                           2006年 4月
                                               店主

プロフィール

店主めがね

Author:店主めがね
場末のバーの中の人です。
心が狭いので優しくないです。
めがねは絶対に外しません。

業務連絡
ウェブログ支店引っ越しました。
http://dokusou.blog.jp/
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
月別アーカイブ

Plug-in bymaruafi

QRコード
QR
アルバム
呟いても独り
リンク
Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。