独奏ブログ

愛媛県松山市二番町に生息するBARMANの、日々の雑記です。 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  Top

2007.01.31[水] キーウィのカクテル

CIMG1185.jpg


小売店では一年中出回っているフルーツですが、愛媛県産は年末から春先くらいまでです。収穫は10~11月くらいで、しばらく冷蔵庫で貯蔵されて、出荷前に適熟処理を済ませてから出荷されています。

カクテル用にはさらに追熟をさせて香りが高まり、実が少し柔らかくなった物を摩り下ろして、果汁だけでなく果肉も一緒にグラスの中に。食べ飲む感じ?甘酸っぱくて個性的な香りと天然の綺麗な彩りから、輸入物も含めて1年中出回っているので、通年で人気の高いカクテルです。

苺と同じく個性が強いので、いろいろなバリエーションが楽しめる果物。写真のカクテルは、トロピカル・フルーツ・リキュールとキーウィのカクテル。ほとんどアルコールは入ってないのだけど、ノン・アルコールはやだ、という方におつくりしています。

もちろんシンプルにキーウィを楽しみたい方には、ラムやウオツカを少量でもおつくりしています。
スポンサーサイト

2007.01.30[火] ラムと苺のカクテル

CIMG1214.jpg

まだまだハウス物ですが、やはり冬場は1番人気、苺のカクテルです。品種によっても、生産者さんによっても、全く味が違うので、カクテルのつくり手としても楽しいです。大変ともいいますが……。

個性が強いので、いろいろなバリエーションが楽しめる果物でもありますね。写真のカクテルはストロベリー・ダイキリのような、でも少しだけアルコール弱めのラムと苺のカクテルです。

2007.01.29[月] 『裸眼厳禁!』『めがね上等!』

またつまらぬ番組にハートを鷲掴みされてしまいました。

megane_b.jpg megane.jpg


BS FUJIのめがね番長です。よくありがちの最新めがねの情報を期待してはいけません。もっとグローバルな視点から?くだらないことを真剣に?ゆる~くいとうせいこうとみうらじゅんが語り合っています。

爆笑というよりも、思わず『ぷっ』と笑ってしまう感じ。ISとMJならではの脱線しまくりのゆる~いトークがたまりません。これも萌えっていうのでしょうか?よくわかりませんが。

2人に影響されてここしばらくかけていたTheoのresso(メタル)から泰八郎謹製のT-104(セル)に変えてしまいました。

久しぶりに新しい眼鏡も欲しいなぁ……。

2007.01.26[金] Old Fitzgerald

ええいついでのついでにっ!というわけで“ついでのついで”で同じ形状のボトルをさらにご紹介です。この蒸留所のバーボンは全くエントリーしていなかったので、ちょうど良いかも。

CIMG1177.jpg CIMG1180.jpg


Stizel-Weller蒸留所のメイン・ブランドだったOld Fitzgeraldです。今回開封したのは、Old Fitzgerald's 1849とVery Very Old Fitzgeraldです。どちらも1990年前後のもので、現在はHHが銘柄を所有しています、確か。

恐るべしHH、歴史の浅いアメリカが1番偉くなりたいために歴史を追い求めるように、歴史の浅いHHが歴史ある銘柄を買いまくるのは必然なのでしょうか?味わいだけだと全く違うのに、ある日突然HH産のFitzgeraldに出会うことがあるのでしょうね。最近のも一度くらいは飲んでみたい気もしますが、ちょいと悲しい気もします。VAN HALENのボーカルがDavid Lee RothからSammy Hagarに変わっても大丈夫だった人は大丈夫でしょう。VAN HALENはVAN HALENなのと同じようにOld FitzgeraldはOld Fitzgeraldなのですからね。

話は元に戻って1849が10年でVery Veryが12年です。個人的にはこの蒸留所のバーボンは10年以上熟成したものが、最もバランス良いような気がします。過熟成でもないですし。マニアとしては1950年代のVery Very 15年が最強(まぁ更に求めることは可能ですが、一般的なマニアということで……)なのですが、ここ数年の価格高騰のため、もはや私如きの財力では購入できません。高々数年で5倍~100倍の値段とはこれ如何に……。

今回開封したのは、基本的にお手ごろ感のある1990年前後の特別珍しいとか古いとかいうわけではないお酒です。ただバーボン業界の最後の良心があったころとでも言いましょうか。やはり当店はバーボンを少しだけですが扱っていますので、なるべく多くの蒸留所の個性を楽しんでいただきたくこちらの蒸留所も仲間に入っていただきました。可愛がってね♪


2007.01.25[木] W.L.Weller

REBEL YELLを開封したので、同じ形状のボトルもついでに開封してテイスティングしようかな、というわけで“ついで”に開封されたW.L.Wellerのご紹介。

CIMG1176.jpg


このボトルもREBEL YELLと同じく1990年前後のボトリングのStizel-Weller蒸留所産なので、たいしたこと書いていませんが、そちらを参照願います。同じ名前を冠して、SPECIAL RESERVEとかOld Wellerとかいくつかのラインがあります。どれも7年から10年熟成の物が多いですね。この蒸留所の中堅といった感じでしょうか。

例のブランド切り売りを経て現在はBTの所有となり、William Larue Wellerという銘柄でBT産のバーボンとして発売されています。が、そちらは限定生産で日本に入荷しても値段が高すぎるので、独創では今のところ入荷予定はなしです、たぶん。

味わいは、特筆するほどのものではないかもしれません。ただここの蒸留所のバーボンは独特の味わいですので、若いREBEL YELLの後に中堅のこちらも一度は味わっていただきたいですね。

2007.01.25[木] REBEL YELL !!!

例年だと雪が降っているんだろうなぁ。そんなことを思い浮かべながら、日が暮れてから降り始めた雨を恨めしく思いつつ、PC前へ。

早い時間にお見えになったセレブなお客さまから「バーボンて田舎臭いから飲まないのよ」の言葉を思い浮かべながら、未だ開封していない田舎臭いボトルをチョイス。

CIMG1175.jpg CIMG1173.jpg


REBEL YELLというバーボン。“反逆の雄叫び”という意味で南北戦争の時の勝利の歓声を表していてアメリカ南部向けの銘柄だそうです。鬱陶しい雨から気分転換するためにちょいとテイスティング。

軽い味わいでほんのりとした甘味。平たく言うなら「安酒」の部類でしょうか。でも好きです、あおるように飲む安酒。いや、思い巡らしながら、まったり飲むにも良いのでしょうか。

今はなきLouisvill地区の名門、Stizel-Weller蒸留所で造られていたバーボンです。やはり1980年代後半から1990年代前半の業界再編劇に参加した超巨大グループ(UD社)によって買収され、その勝手な都合により閉鎖されてしまいました。そして原酒はお決まりの系列蒸留所(Bernheim)から原酒の供給を受けていたのですが、UD社があっさりと撤退しその後Bernheim蒸留所もHHに売り渡されたため、今はどうなっていることやら。(ちなみにREBEL YELLブランドはDavid Sherman社が所有しています)

そういえば、The Rolling StonesのギタリストKeith Richardsの愛飲していたバーボンがこの銘柄というのは、Stones Freaksには有名なお話。ルーツがブルースであるKeithらしいチョイスですね。

2007.01.24[水] 不器用ですから

寝て、寝て、寝まくりました。こんなに寝たのは久しぶりです。休みの日にもこんなに寝たことないのにね。逆に休みの日は予定ぎっしりだからあんまり寝ませんが……。

そして久しぶりの48時間の休肝です。ここのところ毎日のように飲んで(テイスティングして)ましたから。今日からまた飲む(テイスティングの)日々です。

予想通り、まったりの日々が続いていますが、こんな時期に新入荷を増やしているヤナ性格の私です。そりゃ沢山飲んで(テイスティングして)ますから。

で、何を入荷しているかって?

なんてことはない、普通に売っているお酒でして、ちょいと独創向きではないかもしれないお酒です。話を引っ張る理由もないのですが、もう少し飲んで(テイスティングして)身体に取り込んでからにします。不器用ですから……。

2007.01.23[火] ごめんなさい。

CIMG1169.jpg CIMG1172.jpg


まったりとした夜、なんとなく気まぐれで開封したOLD TAYLOR(1942-1946)にありつけなかったお客さま、ごめんなさい。

時代は戦時中。蒸留所は祖国のために工業用アルコールの製造を余儀なくされた時代の、とっても貴重で、とっても美味い、命の水でした。ありつけなかったお客さま、ごめんなさい。

2007.01.22[月] 時間よとまれ

昨日実家に帰った時に、007の文庫本を持って帰って来てしまいました。映画はまだ『007 サンダーボール作戦(Thunderball)』を観終わったくらいだというのに……。

そういや普通に読書もする予定なのに……。

年末に1年戦争のvol.1のDVD-BOXが届いているのに未だ開封すらしていないのに……。

今年の根本的なテーマはもっともっと、もっともっと時間を作る。これしか道は見えません……。

あ、明日からFUTSALも始まる……。

2007.01.21[日] 実家

久々に実家に帰って選挙に行ってきました。そして愛する華ちゃんを抱っこしてコタツに入り両親と世間話。

帰ってすぐ仕事なんでお酒は飲まなかったけど、たまには良いものだなぁ。

20070121.jpg


追記:華ちゃんは写真よりちょいとデブってました。

2007.01.20[土] メガ・マック

メガ・マックというスーパー・サイズ・ミーな商品が、人気のため限定数発売に切り替わったそうです。もう何年もMの字のお店には行っていないのですが、限定なると弱い私です。物は試しということで昼過ぎにMの字のお店に行くと、本日完売のお知らせ。お店の方によると大体12時台に完売しているとのことです。

お詫びのクーポン券をいただいてUターンして帰るのもなんですので、ビッグ・マックを2個注文しました。これでメガ・マック1個作れるんだろうなとも思いましたが、箱はオリジナルだし、バンズはそうでないかもしれないけどミートを大量使用するし、制限しないとレギュラー商品の欠品という最悪の事態を防げないんでしょうね。いくらスポット商品が売れるからといっても、ハンバーガー屋さん最大手として守るべきところ(看板商品)は守るという姿勢でしょうか?

そうであるなら見習いたいものです。まぁ単に限定にして消費者心理を利用しただけなのかもしれませんけど、深読みしすぎかな?

スーパーサイズ・ミー 通常版 スーパーサイズ・ミー 通常版
ドキュメンタリー映画 (2006/06/23)
レントラックジャパン

この商品の詳細を見る

2007.01.18[木] THE Whisky World (2007 winter)

whisky_08.jpg


THE Whisky Worldの最新号が入荷済みです。しかしまぁ、どんどんバーボンの記事が少なくなってますねぇ。

それでも次号から隔月刊化ですって。それなりに売れているのでしょう、それはそれで吉です。

私が愛して止まない『守口のKevin Costner』氏(そんな呼び名ではありません、たぶん)のコラムを真っ先に読む私は、きっと少数派なんだろうなぁ。


2007.01.17[水] おべんきょ

お客さまがお見えになっていない時間にいろいろと調べ物をしていると、あっという間に時間が経っています。年末の慌しさに甘えて何もお勉強していなかったので、これはこれで良いのかな。

最近はあんなお酒やこんなお酒のお勉強。少しずつ独創に入荷してはいるのだけど、少量入荷だし取り立てて珍しいお酒というわけではないので、ブログでのエントリーの予定は今のところなし。基本的にはバーボンとフレッシュ・フルーツ・カクテルが中心ですし。

ただ少しだけ需要と供給が増えているお酒があります。いくつか定番化したらエントリーするかもしれません。もしも興味がある方は、私まで一言どぉぞ。

さーて、今日もおべんきょしましょ。

2007.01.16[火] From Russia with Love

時間ができたら映画『007』シリーズを観直しています。新作が出た辺りで毎回観直し始めるので、4年ぶりくらいでしょうか?

原作の順番通りではなくて、映画の公開順に観ていて、今朝は『007 ロシアより愛をこめて(From Russia with Love)』を観ました。以後に続くシリーズの偉大なるワン・パターンを形作った作品で、私の最も好きな007の1つです。

007 ロシアより愛をこめて アルティメット・エディション 007 ロシアより愛をこめて アルティメット・エディション
ショーン・コネリー (2006/11/22)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

この商品の詳細を見る


重要な伏線となる秘密兵器も楽しみなのですが、この仕事についてからは、お酒にまつわるシーンに目がいってしまいます。前作『007 ドクター・ノオ(Dr. No)』では、給仕がMartiniをゆりかごを揺らすようなシェイクでつくっていたのを一口飲んで、窓から吐き捨てるのを観て妙に納得。

今作では味方に成りすました男が魚料理に赤ワインを頼み、ボンドが不審に思っている(細かい突っ込みはナシね)と、あとでこの男が敵で、ロシアのスパイであることがわかります。赤とロシアをひっかけているとの話もあるようですね。

悪役のレッド・グラントを演じたRobert Shawが良い仕事をしてるのだけど、新作『007 カジノ・ロワイヤル(CASINO ROYALE)』を観た後なので、新作のボンドを演じたDaniel Craigに見えてしまいまうのはご愛嬌。

結局のところ、この作品で最もお気に入りの理由はボンド・ガールであるタチアナ・ロマノヴァを演じたDaniela Bianchiこれ最強、だったりして。

daniela_bianchi_03.jpg daniela_bianchi_.jpg daniela_bianchi_01.jpg
daniela_bianchi_02.jpg

2007.01.15[月] Old 101

HH原酒が好きじゃないっ!と言っている私ですが、根っからのバーボン好きは、やはりHHが好きなんだろうなぁ。

というわけで新入荷ではないのだけど、私も『お、何気に美味い』と思ったHH原酒をご紹介。

CIMG1162.jpg CIMG1163.jpg CIMG1164.jpg


左ののっぽが12年で右のぽっちゃりが8年6ヶ月(101MONTH)熟成です。当然ながら8年の方がパンチが効いていて、12年は結構まったりです。個人的にHH原酒は8年から15年くらいが良いバランスのピークでしょうか。たまーに良い物に出会えます。最近のバーボン好きには、この辺りをお勧めですね。

2007.01.14[日] 第二回全国一斉!日本語テスト

ネット上で世界中に自分の文章を公開するブログという悪趣味?な事をしている私ですが「この文章で正しいのかと」いつも悩んで時間が掛かっています。まぁ、物を書く事を生業とはしていないので、多少間違えても笑って許して、という気持ちではありますが。

そんな甘えた私に「もうひといき」と助言してくれた全国一斉!日本語テストのご紹介。

マナー、敬語、表現力は満点やそれに近い平均以上だったのでホッとしていますが、漢字力、語彙力の悲惨なことと言ったら……。

漢字力、語彙力といえば、やはり読書をしていないからでしょうね。読むのは酒関連や歴史関連の資料ばかりだし。

普段から他の方のブログを読んで「きれいな文章だなぁ」と自分の稚拙な文章と比較して凹むことしばしばだったので、今年の目標は、あえて何冊という設定はしませんが、普通に読書です。年末には趣味「読書」と言えますように。

2007.01.13[土] チェロで縦揺れ のち まったり

へヴィ・メタルからプログレッシヴ・ロックなど、コアな音楽好きが高じて?なぜかヴァイオリンを習い始めたお客さまが早い時間にCDを持ってお見えになりました。

メタリカ・クラシックス メタリカ・クラシックス
アポカリプティカ (1996/08/25)
ユニバーサルインターナショナル

この商品の詳細を見る


フィンランドのチェロ奏者4人組「APOCALYPTICA」がヘヴィ・メタルの雄「METALLICA」の代表曲をクラシック・ヴァージョンにアレンジしたインスト・アルバムです。

チェロなので低音が良い感じに響いているのだけど、原曲を知っていると、なぜだか笑みがこぼれながら縦揺れ。うーん、残念ながらお店のBGMには似合わないかも。週末くらい良いかな?いややっぱり駄目、なんて話しながら、安全を期して他の音楽に変えることに。

しかしこれの次に何をかけるかなぁ……。ということで選んだのは、

バッハ:無伴奏チェロ組曲(全曲) バッハ:無伴奏チェロ組曲(全曲)
ビルスマ(アンナー) (1999/09/22)
ソニーミュージックエンタテインメント
この商品の詳細を見る


一気にまったり感全開のチェロです。(厳密には違うけど)同じ楽器でもまったりいくならこれだよねぇ、お酒でもあの手のお酒を飲んだあとは、これくらいまったりのお酒じゃないと流れ変えられないんだよねぇなんて言いながら、〆のシングルモルトをチョイスして、2人でまったり。

結局、終日チェロの選曲でまったりBGMにしていたら、お客さまもまったりだったとさ……。

2007.01.11[木] 昔のお酒を取り扱うにあたって思うこと

本来は旧年中にするべきだったのですが、なかなか時間を作れず、先日のお休みで大掃除をしていました。するといろいろな空瓶とかごにょごにょなお酒が出てきました。そんな中から、ぽいっと捨てるには気がひけるこちらの空瓶のご紹介。飲んだのは私を含めて2人だけ♪

CIMG1160.jpg


OLD GRAND-DADのミニチュア・ボトルです。容量は1/10PINTでアルコール度数86PROOFだけど、ラベルの表記はBOTTLED IN BONDです。BOTTLED IN BONDといえば、100PROOFなのでは?と思う方もいらっしゃると思いますが、輸出用に関しては表記が緩やかだったらしいです。

蒸留されたのは1959年春で瓶詰されたのは1964年秋なので、ラベルのお爺ちゃんも現在の彫像のお爺ちゃんではなくてイラストです。ちょうどこの時代の前後でお爺ちゃんがイラストから彫像に変わったと思います。ブランド・ロゴもこの字体から基本的には変わらないんだけど、字の装飾が年代によって違います。

そういうのを参考にして、いろいろなお酒のことを深く知っていって(もちろん、世界全体の流れや芸術・文化も知っておくと)さらに愛着も湧いてくるのですが、最近は古いというだけで何でも買い捲る人間(個人・同業者)が増えてきて、昔のお酒の市場価格が高騰しています。個人はともかく同業者は出来れば『古いから美味い!』なんてこと言わず、ちゃんとお勉強してから提供していただきたいですねぇ、それなりに高いお代をいただいてしまうんでしょうから。

まぁ私も、買いたい時が買い時、味が価格に見合う、なら買うんだけど、なんだかなぁ。

2007.01.10[水] お仕事再開

さぁて独創は本日から営業再開です。バリバリと行きたいのですが、例年通りならば、そろそろ街はゴースト・タウンになってくる予感。

しかしながら昨日伺ったお店は(BARではないけれど)どこも繁盛していました。街に人は出ているけれど、うちはヒマ、なんてことにならないように、これから真面目に働きます。すいません、今まで不真面目で。

真面目にコツコツは、今年も末吉 店主めがねの最も苦手とするところですが、末吉なりにコツコツといきますので、温かく見守ってくださいまし。

そうはいっても、そう簡単に自分自身は変わらないと思うので、まずはお酒を少し増やして誤魔化すことにしました。手抜きで堪忍でござる。ニンニン


2007.01.09[火] オフ・モード PartII

地元での飲食は記憶がなくなる、ということを再確認しました、店主放棄中のめがねです。

やはり疲れが溜まってたんでしょうか、2軒目のご飯屋さんまでは生きていたのですが、5軒目のBAR辺りから記憶が途切れがちです。目が覚めると、空になったコンビニのちゃんぽんが。どうやら帰ってから食べたみたいです。二日酔いはなし。きっと昨日Underbergを飲んだのでしょう、記憶はないけど。

今日は昼過ぎに起き、まだ寝違えたままの首の痛みを確認つつ、Harry Potterの「PRISONER OF AZKABAN」と「GOBLET OF FIRE」を観ていました。気がついたら夕方。

さぁて、今日も記憶をなくしに出かけるとしましょう♪という、自堕落な休日2日目。

2007.01.08[月] オフ・モードで書くもんじゃないな……

折角のお休みだというのに、寝違えて身体がいうことを聞かないというテイタラク。

最近よく聞くスコットランド独立の現実味のこととスコッチ・ウィスキーの行方とかゆっくり考察して書こうかな、などと思っていたのだけど、何もやる気がおきません。(嘘です、元気でもそんな難しい話は書けません)

ぼけっとベッドの中で過ごしても良いのだけど、次に松山でゆっくりと休みを取る日がいつになるのかわからないので、たぶんこのエントリーを書き終えたら寒いけど、ゴソゴソと活動を始めると思います。

久しぶりなので、新しいお店の開拓か馴染みのお店で安心するか悩むところ。やはり週1日くらいは休みを取っていろいろと飲み食いしたほうが良いんだろうなぁ。最近は美味しいお店の情報はお客さまから教えてもらうことばかりだし。

なんてことを考えていたらお腹が空いてきました。そろそろ動きますかぁ、というなんてことないオフ・モードの駄文失礼いたしました。

2007.01.07[日] 七草

芹、薺、御形、繁縷、仏の座、菘、蘿蔔

間違いなく漢字では書けませんな。

せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ

現在の名前だとちょいと食べる気がなくなるものが。

芹、薺(ぺんぺん草)、母子草(ははこぐさ)、繁縷(はこべ)、小鬼田平子(こおにたびらこ)、蕪(かぶ)、大根

たった1日だけ七草粥を食べたからといって、邪気を払い万病が除かれるわけでなく、無病息災だというわけでもないですが、意識する気持ちと行動が大切。


2007.01.06[土] Bartender Vol.7

バーテンダー 7 (7) バーテンダー 7 (7)
城 アラキ、長友 健篩 他 (2007/01/04)
集英社

この商品の詳細を見る


漫画BAR?新年最初の入荷はバーテンダー第7巻です。

最近は連載されている青年誌スーパージャンプをお読みになっているお客さまもいらっしゃるので、こちらの予習も大変だったりします。今回はMartini Cocktailがよく出てきます。

そういえば最近は注ぐことが多くてスタンダード・カクテルつくってないなぁ……。


2007.01.05[金] 店休日のお知らせ

いやあ、静かですなぁ……。独創だけ?まぁ、気にしてもしょうがないです。

周りのお店さんも通常営業のお店が増えてきましたから、漂流者も少なくなってきたのでしょう。ということで、お休みを頂くことにしました。

独創は、1月8日(月)9日(火)をお休みとさせていただきます。

今回は松山でまったりとしていると思います。久々に美味い物食べたいなぁ。

2007.01.04[木] 

正月3ヶ日が終わりました。独創は1階なのですが、わかりやすい場所というわけではないので、飛び込みのお客さまはほとんどお見えになりません。それでも(独創なりに)多くの馴染みのお客さまにご来店いただき、感謝しております。

系列店のMilleVague ONEはお祭りのような賑わいの3ヶ日だったそうで、ちょいと羨ましい気もしますが『独創はいつでもまったりだから良いよね』という言葉をお客さまから頂くと、まぁこれはこれで良いのかな?なんて考えたりしています。

『一年の計は元旦にあり』という言葉があります。元々は中国「明」の時代に馮応京が編さんした『月令広義』という、年間の政治的な行事や儀式を解説した本の中にある四計(4つのはかりごと:一日の計、一年の計、一生の計、一家の計)に由来するとのことです。

一日の計は朝にあり、一年の計は春(元旦)にあり、一生の計は勤にあり、一家の計は身にあり

と説かれていて、朝の出発でその日が決まり、年初の決意で一年が決まる。人生はコツコツと努力することで決まり、身の振り方や生き方で一家の将来が決まるということだそうです。

今日はこの話題が多かったのですが、一年の計ということで、最初のお客さまは、禁煙を切に望む彼女さんの意向で『禁煙』

なぜか私も……。

正月返上してアグレッシブに仕事を頑張ってらっしゃる方は『独立開業』

なぜか私も……。

昨年、彼女と別れ、仕事一筋で立派な結果を残した方は、大掃除で幸せだったころのビデオを見てしまい『結婚』

なぜか私も……。

と、いろいろな『はかりごと』にのせられてしまいました。まぁ『計』という字には、計画倒れという言葉もありますし……などと今年末のエントリーに書くことがないよう、日々コツコツと努力いたします。

2007.01.03[水] 元気の出るヒトコト

お店の紹介を中心にと思った独創ブログですが、ブログ・タイトル下の紹介のとおり、私の日々の雑記が大半を占めています。雑記や商品の紹介がほとんどなので、コメントは期待していないのですが、たま~によそさまの賑やかなブログを眺めて羨ましくなることも。

本当に読者はいるのかな、などと凹むことはないのですが、いろんなブログを見るようになって、わかってはいたけれども自分の文章の稚拙さに凹むことしばしば。

そして今日、いつも通り出勤して、郵便受けを確認すると1通の年賀状が届いていました。

『ブログ頑張ってますね。楽しみにしています。』

遠く離れていますが、HPでいつも素敵な日記を書いてらっしゃるBARのマスターからでした。

どんな栄養ドリンクよりも元気の出るヒトコト。お酒だけでなく、言葉を扱う仕事に携わっているバーマンとして、改めて言葉の大切さを実感です。

皆さんも素敵な年賀状、届いていましたか?

2007.01.02[火] マスコット・キャラクター?

なんだかんだと事務仕事も溜まっていて、普通に出勤してます。こう普通に淡々と生活していると、エントリーのネタも思い当たりません。さーてどうしましょ、と思って雑然としたカウンターを眺めていると、何か奇妙な物体が目に留まりました。

CIMG1156.jpg CIMG1157.jpg CIMG1158.jpg


独創ブログのコアなウォッチャーならすぐにお分かりでしょう、でんぐりでんぐり君です。そういえば、年末に帰省してお見えになったお客さまからのプレゼントでした。置き場所が決まらないのでとりあえずこの辺りをいもいもとしてます。

しかしカウンター周りが荒れてますねぇ……。ちょいとお掃除しなければ。

2007.01.01[月] 避難所

街はゴースト・タウン。これで良いのだ。年末年始くらい実家で家族と共に過ごすのが基本であり、親孝行家族孝行です。

でも様々な事情で実家に帰ることが出来なかった独り者も多少はいらっしゃるでしょうから、さまよえるNighthawksの避難所として独創は本日も営業中です。

私もそのうち年末年始は休むと思いますが、今のところ、他にさまよえるNighthawksの避難所が他になさそうなので、お休みしません。

街の灯りがもう少し増えたらお休みを頂きます。

今のところ、親不孝者の店主めがねでした。

2007.01.01[月] 世界一早い年賀状

CIMG1155.jpg


2006年の終わりと2007年の始まりを祝って、お客さま方と乾杯してした後、1組のお客さまから『世界一早い年賀状』を頂きました。

差出人は苗字が1つで、名前が2つ。ちょっとフライングだけれども、世界にたった1つの年賀状。

紆余曲折を経て、本日、相方となる方のご両親の元に伺ったそうです。

忘れられない思い出がまた1つ増えました、そんな独創の2006年の終わりと2007年の始まりです。

お2人ともお幸せに!!!

私を含め、その場に居合わせた他の独身軍団の今年の目標は言わずもがなっ!!!

本年もよろしくお願いいたします。

2007年元旦

          店主めがね
プロフィール

店主めがね

Author:店主めがね
場末のバーの中の人です。
心が狭いので優しくないです。
めがねは絶対に外しません。

業務連絡
ウェブログ支店引っ越しました。
http://dokusou.blog.jp/
カレンダー
12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
月別アーカイブ

Plug-in bymaruafi

QRコード
QR
アルバム
呟いても独り
リンク
Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。