独奏ブログ

愛媛県松山市二番町に生息するBARMANの、日々の雑記です。 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  Top

2008.09.29[月] 戦力補充

DSC_2717-s.jpg

いつも撮ってばかりのイク男くん。一度くらい撮られてみるのも良いかもしんない。

ランバ・ラル「このザクとてかなり使い込んであるやつだ。クランプ、大丈夫なのか?」
クランプ「はい。オーバーホールの状態は良いようです。関節部分は新しいのに替えてありますし」
ランバ・ラル「うむ」

……なんて会話があったかどうかは別として、日曜日に大本営から支給された戦力。旧式とはいえ、数々の戦場をくぐり抜けてきた機体です。初めて操縦するタイプの機体ですので、まだまだ上手いこと操縦できません。昨日お見えになったお客さまの写真もブレまくり(美女3名さま、申し訳ない)だし。「しかし私もニュータイプのはずだっ!」なわけで、きっとこの機体も使いこなせるはず。しばらくは独奏へタレ写真館になったりして。

ところで絞りって何?
スポンサーサイト

2008.09.27[土] Noooooo!!!

書いてたエントリーを全部消しちゃったZE!

大した内容じゃないからもう書き直さないZE!

nooooo-s.jpg

2008.09.26[金] 秋だというのに常夏のお酒が増えました

IMG_1185-s.jpg

カリブ海に浮かぶMarie-Galante島のことを調べていたら、同じ島の他の蒸溜所(Bellevue、Bielle、Poisson)のお酒も試飲したくなり追加発注。でもBellevueのは見当たらなかったのでBielle蒸溜所だけですが。(ちなみにPere LabatはPoisson蒸溜所ね)

あ、背景は気にしないでください。

2008.09.25[木] 駄目人間専用酒

IMG_1176-s.jpg

RHUM DU PERE LABATというお酒。カリブ海の小さな島で、雨水を野ざらしのタンクに溜めて仕込み水として造られるそうです。野ざらしなんで虫や葉っぱも入っているみたいですが、ちゃんとフィルターで濾されているから大丈夫……だそうです。そこで働いているおっさんが洗っているかどうかわからない手で掻き混ぜて味見しているから大丈夫……だそうです。

まるでうどん屋のおばちゃんがどんぶりのツユに親指突っ込んだまま持ってきて『おばちゃんコレ大丈夫?』って聞いたら『うん、あたしゃ熱くないよ』って答えられた感じで造られているこのお酒。当然ながら飲み手を選びます。が、一度口にして相性が合えば最後、このお酒から離れられなくなります。社会不適格者の素質アリです。

世界中に出荷されて(厳しい消費者の目に晒されて)洗練されてきたお酒たちからすると、明らかに自家消費用だろ、と涙目で言いたくなるようなケシカランお酒です。実にケシカラン!こんな素敵なお酒があったなんて!そして日本の片田舎でも飲むことができるようにしていただけたインポーターさんお酒屋さんもこれまた実にケシカランです。アリガトウゴザイマス

カリブ海の小さな島で酒瓶片手に昼寝しているおっさんのような駄目人間になりたい方は、このお酒を日曜祝祭日の午後に飲むことをオススメしますが、平日に飲んで駄目になるかならないか葛藤する光景も、私は見ていて楽しいのでおよろしいかと思われまする。フッフッフ

2008.09.24[水] THE Whisky World vol.18

そういえば入荷済みです、THE Whisky World vol.18が。

tww18.jpg

今回のエリアBAR特集は吉祥寺。胸の奥がジンとなります。

今年は地元を離れず真面目に働こうと思っていたのですが、こういうのを見るとダメですね。

さくっとエントリーを終わらせてエア・チケットでも探しまひょかね。

2008.09.23[火] 形有る物、何時かは必ず……

IMG_116601-s.jpg

このお店を始めて、グラスを割ったことなんてほとんどなかったのに、ここんとこ立て続けにグラスを割ってしまいました。昔、何度もグラスを割っていた駆け出しの後輩に

『グラスすら大切に扱えない人は、丁寧に人に接することはできないよ』

と言っていたことが時空を越えてブーメラン。今は独りぼっちなのでグラスが私に教えてくれました。

忙しさに甘えて、知らず知らずのうちに全てが粗雑になっているのでしょう。

グラスはまた買えば良い。でも人はそうはいかない。

自戒の念を籠めて、たまにはこんなエントリー。しょぼん

2008.09.21[日] たまには真面目に調べ物。

久しぶりに調べ物をしていたら、脳味噌がオーバー・ヒートしてしまいそうでした。

知らないうちに世界は色々と変化してるんですねぇ……。そういえば長い間お江戸にも詣でていません。都会に居ると情報は向こうから勝手にやってくるので(もちろん無駄な情報も多いですけど、情報の選択をできるのが)羨ましい限りです。

実は来月お江戸詣でを企てていたのだけれど、同時期にお江戸から悪友が本土四国に入国するらしく、予定は未定になってしまいました。

そんなわけでしばらくお江戸詣での予定はないですが、その代わりにふらっと東の西へ行ったりして。うん、そうしようかな。現実逃避の妄想は楽しいものです。

ところで、この時間のBGMを『合唱付き』にすると、なぜだか盛り上がりますね?

さーて脳味噌の温度も下がったことだし、年末があっという間にやってこないように、もうしばらく調べ物~♪

ベートーヴェン:交響曲第9番ベートーヴェン:交響曲第9番
(2007/01/01)
ベートーヴェン、

商品詳細を見る

2008.09.20[土] マーフィーの法則

いやー、がっつり仕入れた日はそんなもんですよねー!

昨日は麦酒とバーボンとジンとニックのご注文ばかりだったのだが是如何に……。

というかジンとニックてw

修正する気もないでござる。ニンニン

2008.09.19[金] 仕入れです、仕入れ。

台風が通り過ぎようとも、相変わらず松山市の水源、石手川ダムの貯水率は減少の一途です。このままいけば今月末には貯水率00%となることでしょう。松山市の皆さん節水してますか?

子供の頃は台風が大好きできゃっきゃしていたのだけれど、最近は農作物に被害が出ないか心配でなりません。そんなわけで、今日も朝から標高の高いところに行ってきました。現実逃避じゃありません、農作物が心配だったからです。きっとそうです。

さて、松山市内は台風の“た”の字も感じられませんでしたが、山間部はどうだったのでしょう。いつもの道のりも普段は見晴らしが良いドライビング・コースなのだけど、今日は濃霧で10m先が見えないくらいの状況です。

やっとのことで農園に着くと、生産者さんの笑顔が見えました。やはり昨日は台風対策に追われて気が気じゃなかったらしいのですが、どうやら取り越し苦労で済んだみたいで、農作物には全く被害がなかったそうです。良かった良かった。私も現実逃避……、いやいや、見に来た甲斐がありました。

当然ながら収穫もしてきました。葡萄は今日からピオーネです。紅伊豆とはレシピが変わってきます。この違いを楽しめるのもあと少し。葡萄の季節も後半戦です。

そして最終コーナーを回っているのが和梨数種です。あっちは砕いて、こっちは絞ってと、品種によって仕上げ方が全く違います。両方のオーダーをいただいたとき、どっちがどっちかわからなくなるという無駄なオペレーションが最後まで修正できませんでした。来年はもっと簡素化したいです。

もちろん林檎、無花果もあります。無駄にドライブしていません。がっちり仕入れています。駄菓子菓子、週末なのにすでに眠たいこの時間。赤とんぼたちに癒されたはずなんだけどなー

2008.09.18[木] OLD FORESTER

先日、ひょんなことから開封したOLD FORESTER(FALL1946-SPRING1951)です。

IMG_1104-s.jpg IMG_1105-s.jpg IMG_1114-s.jpg

状態も良く、んまいです。ただしフトコロとご相談願います。1杯じゃあ、よくわかんないっす。という方のために、'80年前後にボトリングしたものと'90年代前半にボトリングしたもの('60年代と'70年代はまたの機会にでも……)もご用意しておりますので、ハーフ・ショットずつでそれぞれの違いを確かめながらタイムスリップしてみるのもアリかも、です。

IMG_1120-s.jpg

基本的にずっとBrown-Formanという会社のもとにあり、味わいはほぼ同一ベクトル上(華やかでバランス良いですよん)にあり、バーボン好きなら一度は飲んどけって銘柄です。

ほんの少しマニアな方は、特級時代のForesterは美味いっ!なんて言いますが、半分は“特級”マジックでしょう。もちろん美味いのは間違いないですが、実際は'79年だか'80年だか忘れたけど、蒸溜がDSP-KY-414(OLD FORESTER)からDSP-KY-354(EARLY TIMES)に移動する前の'80年代中期までのボトリングのものを指すことが多いです。

残念ながら、その直前直後の比較はできませんが、そんなことを思いながら飲むのもマニアの楽しみ方でしょう。実際、'90年代前半ボトリングのものは、それまでのものと比べて若干粉っぽさを感じます。(この粉っぽさが少ないものが、私の思うところの美味いバーボンです。)そして記述されてないけど熟成期間が長いのでしょうか、樽の影響もかなり受けています。香りの重さを感じるところがこのボンデッドの醍醐味ですね。

次は復習がてらにBrown-Formanの歴史でもちらりと書こうかなと思いますが、こういうエントリーって人気ないんですよねぇ……。

2008.09.17[水] 復習

先日、とあるバーボンの蒸溜所の歴史について質問があったのですが、見事に脳内迷子になってしまっていました。昔々に調べていたことだけど、さっぱり思い出せません。→後日連絡します。(私信)

カクテルのレシピもそうですけど、日々復習しないとダメですね。わかっちゃいるけどできてません。物欲番長にはそろそろ退場していただいて、今日から過去のお勉強の復習とレシピの見直しです。

ええ、グラス代とお酒代を支払いました。明日は本代とCD代です。エア・チケットはキャンセルするか悩み中。

2008.09.16[火] COCKTAIL PARTY 2008

毎年恒例、社団法人日本バーテンダー協会四国本部松山支部主催のカクテル・パーティが開催されるようです。

10月13日:国際ホテル3F常盤の間
開場 17:30  開演 18:00
入場料:6000円



そして昨年と同じく何故だか多数のチケットが手元にあります。末端会員の私にまで案内いただけるなんて、ありがたい話でございます。

毎年の事ながら、きっと華やかな宴の席となるのでしょう。当店のような場末だけでなく、たまにはこういうのもよろしいんではないのかと。

というわけで?興味のある方はコンタクトよろしくお願いします。すぐ売り切れちゃうので、お・は・や・め・にっ!

2008.09.15[月] 心の中の企てごと

連休最終日。台風も前線の誘惑に釣られてこっち向かってるらしいです。飲食店で店休日を不定休にしているところは休むに限りますね。まぁうちは既に開いていますけど。

こんな日はきっとまったりなんだろうなぁと思ってエントリーを書いていると、(思ったとおりだ)毒ばっかり吐きまくるので書いては消して書いては消しての繰り返し。

『そろそろめがねさん、ポチッとクリックして何か衝動買いするんじゃないの?』

とエントリー読みながら思った方、立派な独奏マニアです。ただしマニア初心者です。リアルで面と向かって仰ってください。ウェブログを無駄に毎日更新していると、ブログ支店だけにしか行かなくなり、リアル独奏から足が遠ざかりがちです。要注意です。

話は戻って衝動買い。マニア中級者以上のリアルお客さまならご存知、衝動買いは“もう”できません。すでに先月予約したCDが100枚近く届く予定で、日本各地から予約していた古本も届くし、海を越えてお酒やグラスも届いてしまいます。

というわけで『美味しい戻り鰹を食べよう!in 高知』とか『レモン、ライムの収穫をしよう!in 岩城島』とか『生で観てこそフェルメール!at 東京都美術館』などの心の中の店休日企画は延期となりそうです(T_T)

2008.09.14[日] 中秋の名月(仏滅)

今朝(14日6時)仕事明けにカレンダー見てたら3連休の真っ只中だということに気が付きました。今日はどうやら日曜日らしいので、もう習慣となった15時開店。(あれ?いつまでやるんだろ?)世間さまのカレンダーは明日も赤丸らしいので15時開店なのですな……。ま、良いんですけど。

さらにカレンダーを見ていると本日9月14日は中秋の名月。ということは仏滅です。毎年恒例がっかり名月と名高い?中秋の名月の本日も、残念ながら今夜の松山の天気予報からは曇り空。果たしてお月さんは見えるでしょうか?お客さまはお見えになるのでしょうか?

ドキドキ営業中なり。

2008.09.13[土] 現実逃避?いえ、地産地消です。

今日も午前中から果物を仕入れにパンダ君とドライブ。あまりにも風が気持ち良いので、ずっとダブルサンルーフを開けっ放しでした。もうススキが風になびいてたりして、ずっと街中にいると気が付かないけど、秋なんですねぇ。

……でじゃヴゅ?

いえ、昨日と全く同じ書き出しです。ちょいと違うのは、ダブルサンルーフの後ろの止め具がまたも壊れやがったので(まったくもう、イタリア車ってえ奴は……だが、それがカワユイ)前のサンルーフだけしか開けてなかったことくらいでしょうか。

ええ、今日も狩りに行ってました。現実逃避でドライブしたいだけ?いえいえ、仕入れですよ仕入れ♪今の時代、地産地消という便利な言葉もありますし。

しっかしあれほど仕入れていたのにねぇ~。んまいので、オススメしまくってたらあっという間になくなってしまいました。

今まで日本全国の果物の名産地から発送していただいていたものもあるのだけれど、実際に生産者さんと顔を合わせてあーだこーだお話しながら仕入れるのは、もっと楽しいですね。生産者さんが良いと思うものと、私が良いと思うものが同じとは限らないですしね。

というわけで本日もオススメは、さっき収穫してきた葡萄!林檎!!梨!!!

特に葡萄の『紅伊豆』は今回分で今の農園は終了です。あったら飲むべし頼むべし。林檎の『つがる』と梨『豊水』、『秋映』もよろしくてよ。

そして帰りの道すがら、路地販売の無花果も買ってしまいました。嗚呼、次週は無花果狩りの予感デスッ!

IMG_1133-s.jpg

2008.09.12[金] 酒とつまみ第11号

今日も午前中から果物を仕入れにパンダ君とドライブ。あまりにも風が気持ち良いので、ずっとダブルサンルーフを開けっ放しでした。もうススキが風になびいてたりして、ずっと街中にいると気が付かないけど、秋なんですねぇ。

で、もぎたての秋の果物を仕入れてお店に戻ると、忘れた頃に届いていました『酒とつまみ第11号』が。

IMG_1127-s.jpg

毎度お馴染みタイトル下の駄洒落は「酎~気持ちいい~!」です。北京五輪の北島ですかコリは。相変わらず旬のネタというか、締め切りギリギリのやっつけ感が素敵です。表紙の画像もオフィシャルから拝借しようかと思ったら、昨年12月発行の第10号のままやないですか。編集部の方々のギリギリ具合がこんなところからも感じられてこれまた素敵(はぁと)

夏の忙しさにかまけて初めての残暑見舞いを亡きモノとして追い遣った私としては、できれば季刊といいながら年1回発行となっていることへの編集部の言い訳を参考にしたいと思い、とりあえず編集後記だけ読んだりして。

そんなわけで?『酒とつまみ第11号』が入荷済みです。

そろそろ年賀状の準備でもしないとなー

2008.09.11[木] Que sera sera

メタミドホスやらアフラトキシンやら、知らなくてすむに越したことはない単語を耳にする今日この頃、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

もうね、コレ終わってますね。

証明はたぶん成されないでしょうけど、事故米が拡散したであろう西日本の肝臓癌死亡率とかハンパないです。

本気半分冗談半分。

というわけで、もうどうにもこうにも自己防衛不可能な事態に陥ったみたいなので、これからもお気楽にお酒を嗜みもうと思います
\(^o^)/

というわけでヒッチコック監督の『知りすぎていた男』でドリス・デイが歌った『Que sera sera(ケ・セラ・セラ)』かペギー葉山の動画でも埋め込もうかと思ったけど、最も能天気なコレにしました。



Que sera, sera~♪
Whatever will be, will be~♪

2008.09.10[水] 070707

STONE VERTICAL EPIC 2007
IMG_1124-s.jpg

当店でもおなじみStone Brewing Co.の限定品で、2002年から毎年ぞろ目の日(2002/02/02から)にリリースされ、なぜか日本に入ってきた2007年版のヴァーティカル・エピックです。予定では2012年12月12日までリリースされるみたいで、その時まで熟成させると美味しくなるレシピを組んでいるそうです。

とはいったものの今飲めないわけではない……。ということで1本開けちゃいました。味わいはベルギー麦酒のセゾン系のスパイスたっぷりな感じ(グレープフルーツとかシナモンとかあと省略いろいろな香り)で、13度保存だったけど、全然ドライで現在は15度くらいが飲み頃でしょうか。まだまだ若い印象ですので、しばらくはセラーの奥深くでお休みです。

今後のヴァーティカル・エピックが日本に入ってくるかはわかりませんが、入ってきたら全て熟成させて12年度版のものとのヴァーティカル(垂直)・テイスティングがしてみたいですね。

2008.09.09[火] 羨ましいぞハート!燃え尽きるほどヒート!!

いや、タイトルは関係梨。

体中の血液が麦酒になるほど、朝から晩まで麦酒を飲みまくったお客さまが、ベルギーから強制送還されて、当店にお見えになりました。

私からの宿題『現地の人がどのような状況で、どのような注文で、麦酒を楽しんでいるか?』をレポートどころか1週間体験してきたようです。

朝からスーパーで惣菜と麦酒のフルボトルを買って、ベンチで宴。昼からビアカフェでマグナムボトルをゆるゆる。見学に行った醸造所の方から「食事を食べすぎるから太るんだよ。小人のような日本人なら(液体のパンである)麦酒飲んでるだけで良いよ。」という言葉を素直に実行し、夜もビアカフェで閉店(25時から26時くらいが多いみたい)までぐだぐだやってきたようです。

私の口を挟む暇なぞまったくありません。もうね、ずっとお客さまのターンって奴ですか。次から次に沸いて出てくる土産話があまりにも羨ましすぎて、わたしゃ燃え尽きて灰になってしまいましたよ……。

そんなたくさんのお話の中、うちのように、食べるものがほとんどないBARでゆるゆるとベルギー麦酒を提供する“日本では珍しいスタイル”ですが、現地のオーソドックスなビアカフェでは“日本でよくある、ベルギー料理にベルギー麦酒をあわせるスタイル”というのは、ほとんど見なかったそうです。日本独特の酒と食事の文化なのでしょうか?大人の事情なのでしょうか?

少なくとも、生産性の欠片も無いお客さまがビアカフェで体験してきたのは、ゆるゆる延々と麦酒飲みながら語らう、そんな感じです。まぁ、食事のためのお店にはほとんど行かなかったみたいなので、ベルギー麦酒とベルギー料理をあわせていないとは言い切れませんけど、食事には軽いワインをあわせることが多いみたいですね。

独奏のようなお店でベルギー麦酒をゆるゆる、というのはそんなに間違っちゃいない現地スタイルだと勝手に思い込むことにしました。

たくさんの写真も撮ったみたいなのだけれど、ほとんどが手ブレでぼけていたというのが、これまたアルコール漬けっぽく真実味の裏付けになります。

ベルギー麦酒サイコー!!と思う1日でした。そろそろ秋冬物も入荷しよおっと。

2008.09.08[月] 無花果のカクテル

IMG_1091-s.jpg IMG_1102-s.jpg
レッド&ゴールドという豪華な感じで美しい無花果(イチジク)のカクテルです。

食べるととっても独特な味わいで美味しいのに、カクテルにすると奥ゆかしすぎるくらいに地味な味わいになる子ですが、種を潰さないようにすりおろし、最近メキメキ個性が穏やかになっているとあるジンにあわせてシェイク。

美味しい時期は夏の終わりから1~2ヶ月くらいでしょうか?原産地はアラビア南部で、紀元前3000年頃には栽培されていた記録があり、不老長寿の果物ともいわれています。また聖書では再臨、終末と関連した意味合いを持つ、終末論的果実として捉えられているようです。静物画にもよく出てきますね。

不老長寿とか、世の中そんなに甘くはないけど、そんなことを考えながら飲むのもアリだと思います。

2008.09.07[日] 海外組

といっても、サッカー日本代表のお話ではありません。思い出すのも腹立たしい終了前5分間。

そんなのは置いといて?日本脱出組のお客さま方です。

8月の中旬にフランス・チーム数組が出発。そして8月下旬にベルギー・チーム1組が出発。これでお客さまの嬉しく羨ましい予定も終わったかなと思ったら、9月上旬にポルトガル・チーム数組がいました。

ていうかみんななんでEURO圏なのよ、しかも仕事じゃなくてバカンス。羨ましすぎます。

「お土産はいりませんからねっ!」

と伝えたお客さまに私の想いは伝わったでしょうか?

ええ、私は二番町でお留守番。どうせ私はお留守番。

2008.09.06[土] 独奏閉店の噂

「独奏まだあったんですね。」

とはお久しぶりのセレブなお客さまからの一言。

何やらお客さま周辺で独奏閉店が小さな話題となっていたようです。

めがね「いや、ずっと開いてますから。月に2日ほどお休みいただきますけど。」

セ「あー、お友達みんなに独奏なくなったって言っちゃったわ~。」

め「いや、ホント勘弁してください。」

セ「良かった~、復活して~。」

め「いや、復活じゃないですから。」

……なやり取りを10回ほどして、無事?お友達のセレブな方々にも独奏閉店が誤報だったと伝わりました。しかしながら私がオールバックに汗にじませながらあれほど全否定したにもかかわらず、独奏復活という言葉がなくなることはありませんでした。まぁ、閉店でないことが伝わったので別に構わないのですけど。

どうやら地味な看板が事の発端らしいのだけど、いっそのことキラキラ光るネオンサインでもつけちゃおうかしら?

2008.09.05[金] 注:今回は無駄に画像が多く、肝心の文章が少ないです。

というわけで標高650mです。いつもごみごみとした二番町の街角に生息しているので、自然がこんなに気持ち良いということを忘れていました。

で、取りまくり食べまくる。

IMG_106301-s.jpg

でもコイツは食べない、1UPしそうにないから。

IMG_1070-s.jpg

んで、木々の中のハンモックで転寝。

IMG_1071-s.jpg

見上げてみるとこんな感じ。酔っ払って寝転んで見上げた六本木のビル林とはマイナスイオンの出具合が違います。

IMG_1073-s.jpg IMG_1072-s.jpg

めがね少年の心をくすぐる可愛い奴らが一杯です。

IMG_1079.jpg IMG_1084.jpg IMG_1089.jpg

今年はあと何回ここを訪ねるのだろう。

IMG_106501-s.jpg

ベネズエラ産のラム、PAMPERO Aniversarioを飲む農園主が丹精込めて作っている葡萄達。9月からは、香り高く甘酸味のバランスが良く、果汁が滴り落ちるほどにジューシィな紅伊豆(べにいず)が旬です。今日も激仕込みwww

2008.09.04[木] 遅刻

朝も早くから実家に帰り、愛しのパンダ君を駆り出して標高650mのところに行ってまいりました。

今回のエントリーは、そんなめがねとパンダのランデヴーの予定でした……

が、迷子になってかなり高知寄りまで行ってしまったので、開店18時までに戻ってくることができませんでした……。18時台のお客さま、大変申し訳ございません!

というわけで、軽く現実逃避の手抜きエントリー&これから現実激仕込みwww

これにてドロンでござる。

2008.09.03[水] 俺の背後に立つな!

というわけで、最近の私のお気に入りのTVアニメ「ゴルゴ13」です。いまさら説明の必要もないくらい有名なので詳細はネットで拾ってください。

アニメ版の声優が舘ひろしというのもポイント高いですが、当然ながらほとんど出番無しです。私もゴルゴのように寡黙にプロの仕事をしたいのですがダメですね、ついつい口が開いてしまいます。

golgo13martini.jpg


エンディングのこの画像からは、背筋が凍りつきそうなくらい冷たいマティーニのカットが出てきます。もしも私が彼からマティーニのオーダーを受けたら「ちょっと待ってにー」なんて言えるでしょうか?考えるだけでオールバックに汗がにじみます。

「SHAKEN, NOT STIRRED.」がジェームズ・ボンドならば、デューク・東郷は「STIRRED, NOT SHAKEN.」のイメージなので、なんとなく画像を加工してしまいました。ええ、ヒマですから。

作者であるさいとう・たかをのゴルゴ13のページによると私の生まれる前から連載開始し、以来1度も休載していないとのこと。これまたプロフェッショナルです。

今年で連載40周年だそうです。まだまだ先は長いですが、私もプロとして生涯現役でかつ現場で働いていきたいものです。

2008.09.02[火] Porco Rosso

たった1日休んで情報を全く遮断している間に、またも我が国の主が代わるようですね。生徒会長じゃないんだからねぇ……。

まぁそれはこのブログの趣旨に反するから置いといて、何してたかというと、ソーセージをほおばり、めがねチョイスの麦酒を飲みながら、お客さまからオススメのあった映画「紅の豚(1992年)」を観てました。

紅の豚紅の豚
(2002/03/08)
森山周一郎岡村明美

商品詳細を見る


宮崎駿氏の作品は「天空の城ラピュタ(1986年)」以来なので、20年以上観てなかったんですね。なんででしょう?テレビでも何度もやっているのにね。きっと子供向けだからなのかな?まぁ大人でも好きな人多いですけどね。

で、“豚”です。主人公の名前ポルコ・ロッソ(Porco Rosso)はそのまんまイタリア語訳で紅の豚です。本来は最悪な罵倒語のようです。

この夏、多くの方の脳内でリピートされまくったジブリの半魚人の映画もそうですが、普通にいきなりの豚に驚きました。でも周りの登場人物達は普通に接しています。気にしても仕方ないので、役柄から西田敏行をイメージして観ることにしました。

役柄といってもゲゲゲの鬼太郎での役柄ではなく、
wanyudo.jpg
西遊記での役柄です。
saiyuuki-s.jpg
でもこれだけでは役柄にかけ離れすぎているので、こちらにて補正。
s-piano-s.jpg
うん、ばっちりです。いやー満足満足。



あれ?そういえば感想を何も書いてない気がします。そうですね、宮崎作品の中では少年じゃなく男って感じで良いですね。Wikipedia様によると『宮崎自身がその演出覚書において、「疲れて脳細胞が豆腐になった中年男のためのマンガ映画」にしたいと記している。』とあります。まさにその通り。

今はもっと男臭漂うアニメを欠かさず観てるからかな?私の脳味噌はまだ豆腐になってなさそうなので、もう少し腐臭がし始めてからまた観ようと思います。
プロフィール

店主めがね

Author:店主めがね
場末のバーの中の人です。
心が狭いので優しくないです。
めがねは絶対に外しません。

業務連絡
ウェブログ支店引っ越しました。
http://dokusou.blog.jp/
カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ブログ内検索
月別アーカイブ

Plug-in bymaruafi

QRコード
QR
アルバム
呟いても独り
リンク
Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。