独奏ブログ

愛媛県松山市二番町に生息するBARMANの、日々の雑記です。 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  Top

2009.11.30[月] 霜月晦日

仕入れの時に松山城の周りをJEDI君で走るのですが、紅葉があまりにも綺麗なのでついつい平和通の銀杏の並木道まで走ってしまいました。

コンバンワ店主めがねは今日も無駄に元気です。こういう日のBGMはなんとなくフランス物を聴きたくなる単純めがねです。でも当店はいわゆるピアフに代表される古典的なシャンソンは多いのですが、なんとなくそんな気分ではありません。かといってコテコテのミュゼットまでいくと思いっきり昼中っぽく感じてしまいます。

YouTube - "Passion" - valse musette


Paris Comboや、先日紹介したZAZも良い感じですが、ジプシー・ジャズ系全般、やはり“かっふぇー”になってしまいます。(曲が古い?しょうがないじゃない、松山に帰ってからはコッチ系とは縁がないんだもの)

YouTube - Paris Combo - Fibre de verre


そろそろ迷子になってきます。で、妙なものが検索に引っ掛かりはじめ、思わず珈琲を拭いてしまいそうになりました。お前は俺か、と。(今ではなく昔のときたま壊れた時ですYO!)

YouTube - Paris Combo - Moi, Mon Ame Et Ma Conscience


で、さらに迷子になってしまい“個人的に”引いてはいけないものを引いてしまいました。ラヴリー&ハッピーな方なら良いでしょうが……。独奏の一部の奇特な方々はクリックしないことをオススメします。

YouTube - Mocca-Happy!


韓国の幸せモンが作った動画のようです。あちらで流行ってるようですね。……ってか、そんな冷静な解説やるパワーもなくなりました。「もうやめてっ!めがねさんのライフ・パワーはゼロよっ!!!」と思いながらチラ見してたんだけど、それですら途中で眼鏡が曇って何も見えなくなってしまいました。なんか最近こんなんばっかし……。

というわけで?霜月晦日の本日はBGMナシでござる。

ニンニン

スポンサーサイト

2009.11.29[日] 女子独り牛丼

本日は午後から毎度お馴染み愛媛FCのホーム・デー・ゲームを観戦してきました。結果も毎度お馴染みというべきか、0-0のスコアレス・ドロー。昨日と打って変わって肌寒く、そして時折り小雨ぱらつくなか、ニンスタにいた全ての方々、お疲れさまでした。

その後、産まれたての小鹿のように震えて悴んでるバンビめがねさんは、これまた帰り道にいつも立ち寄るカフェに行ったとさ。

久々に温かいジャルダン・ブリュを飲みながら、いつもはショコラを2個ほどいただくんだけれど、今日はじゃこかつバーガー(トリプル)と太刀魚巻きしか食べてなかったので、可愛いマドモアゼルが「ケーキもいかがですか」という一言に思わず頷いて、ショコラ2個とケーキを注文してしまいました。

ところで私は煙草を一服するため外のテラスの席を選ぶんだけれど、屋内と屋外を隔てるのは一面ガラスだけなのです。ちらりと暖炉で暖まる屋内を見るとスウィーツな女子たちで満席です。そして屋外で空っ風に晒されている私の風貌はロンゲ・パーマ、眼鏡はガッツリ黒ブチ泰八郎謹製T-104、そしてラヴェンハムのアウター羽織って、ベルボトム……。

どう見ても世間一般のスウィーツ男子ではありません。

さすがに場違いだと思い、証拠隠滅のため出されたケーキをソッコーで食べようとしたら、またも可愛いマドモアゼルがやってきたので、焦る気持ちを隠しながらにこやかに談笑。

きっと屋内のスウィーツ女子たちは「小汚いオサーンのくせして、店員と談笑する常連のスウィーツ男子かよ!」と私のことを罵っていたに違いありません。あぁ、そう考えると夜も眠れません。まぁ夜は仕事してますけど。

やっと証拠隠滅し、ぼけーっと一服しながら考えていたのが、本日のエントリー・タイトルである女子独り牛丼のこと。

女子2人なら最近は珍しくないんだろうけど、女子独りというのは記憶にありません。ほんの出来心で入った牛丼屋の殺伐とした空気を察知して「あ、持ち帰り2つ」という機転も利かず、店員に促されるまま席に着いてしまい、独り女子は涙を堪えながらひたすら牛丼を貪るんだろうな。ところで最近の牛丼屋って煙草吸えるのかな?

そんなことを考えてた、さんでい・あふたぬーん。

今日もめがねは無駄に生きています。繁華街はゴースト・タウンだけれど独奏は営業しております。

お よ ろ し う

2009.11.28[土] さーて仕込み仕込みと。

月末、週末、結婚式多し。というわけで、飲み会前後の方々を全て見送り、繁華街は二次会、三次会+αへの移動の方々でごった返しております。

へ?独奏?

んな団体さんが目指してくることは滅多にないので、本日のピークは20時台で終わった鴨。食べ物ないのに。

それじゃ敵わないので、これからさらに厚めの仕込みでござる。

ニンニン

2009.11.27[金] ちょwwwドバイwww

ドバイがヤバイ。ドバイをどげんかせんといかんばい。詳しくないジャンルですが、何かそんな感じ?

今週末に相応しいというべきか、味わい深い出汁が出てきております。ユーロ円も……。そして株価も金も原油もエライコトになりつつあります。映画『2012』もドキドキでしょうけど、リアルで起きてる見えないデキゴトはもっとハラハラします。

しばらく円高が続きそうな気配ですが、こんなご時世なので、もう何も買えないでゴザルヨ。さーて仕込み仕込みと。

ニンニン

2009.11.26[木] 終わりの始まり

四国の大手企業から愛媛の老舗の本屋さんまで、今週は終わりの始まりみたいな状況になってますが、世界的にもさらに味わい深い状況になってきてますな……。

今年になってから以前お付き合いのあったアメリカのバイヤーさんから「オールド・ボトル・ガ・タクサン・アル・ヨ(買ってくれー!)」というメールがずっと届いてたのですが、私もこのご時世なので“ほったらかし”にしていました。そんなところで14年ぶりの円高ですか……。というか全方位ドル安ですね。ご愁傷さまです。

あんまり書き続けるとマツリゴトのお話になりそうなので、ここら辺でフェイド・アウト。今年の私のテーマはグラスのお勉強なので、実はユーロ円しか興味がなかったりしますw

閑話休題

2012』という映画が公開されています。マヤ文明に基く終末論が題材ですが、世紀末とかこの手のものは廃れませんねぇ。この世が続く限り、終末論も繁盛するのでしょう。

仮に1年後に避けられない超巨大隕石が地球に衝突して滅亡することがわかり、終わりの始まりになったとしても、どーせ私はここで働いてるんだろうな、と。むしろカウントダウンしてたりして。いや、普通に“たんたん”と営業してるんでしょうな。

この手の話題はバーマンとしてベタ過ぎて苦手だったりしますがw

2009年の終わりの始まりということで、今週から忘年会が始まっているのでしょうか。連日多くのお客さまを迎えることができ、感謝しております。ちょいと時間がずれたらまったりしてるんですけど、過密な時間帯というのがあるので、その点はご容赦ください。(お断りさせていただいた方々、誠に申し訳ございませんっ!たまたま、なんです、きっと!)

そして徐々に増えてきておりますが、たった1つのBOX席を目指す団体さまは“早い者勝ち”デス。カウンター8席横並び、というのは基本的に“ナシ”です。これまたご容赦ください。

ニンニン

2009.11.25[水] It felt like Christmas time.

事後報告で申し訳ないのだけれど、いや、別に申し訳ない訳ではないのだけれど、昨日24日は普段のヤサグレた独奏BGMではなく、Silent Night, Holy Nightな感じでイヴ全開のBGMな1日でした。

え?1ヶ月早いって?まぁまぁ、あんた素人だね。独奏の一部の奇特な方々は、当日にこの手の曲掛けてたら生命力ゼロになってしまいますがなw

というわけで、終日クリスマス・ソングでしたが、なんかね、たまには良いものですね、清しこの夜な気分も。

'50年代後半のアメリカで大ヒットした『Little Drummer Boy』なども、少年たちが歌う賛美歌的な厳かさとテンポの良いマーチ・ドラムが絶妙なクリスマスソングの名曲です。

YouTube - Apocalyptica -- Little Drummer Boy



おっと間違えました。ええ、ワザトデス。この手は1ヵ月後の当日に掛けたいですが、その勇気はまだないです。

The Pretendersの『2000 Miles』なんてのも王道になってくのかしら?今は'60年代から'70年代のガチムチな曲が好きで、'80年代の曲はあまり聴きませんが、'80年代はMTVの洗礼を受けためがね少年の思春期なので、たまにこの時代に流行ってた曲を聴くと胸が“きゅん”としてしまいます。

YouTube - Coldplay - 2000 Miles + Lyrics (The Pretenders Cover)



というわけで、独奏の今年のクリスマス気分は一足お先に終了したでござるよ。

ニンニン

2009.11.24[火] THE Whisky World vol.25

ウィスキーの美味い時期に『THE Whisky World vol.25』が入荷しました。今回も色々と内容盛り沢山ですが、相変わらず私は裏表紙からVagabond's Whiskey Storyを探して読んでしまいますがw

tww25.jpg

今回のエリア特集は『和みの名古屋BAR巡り』ということで、名古屋のBARが紹介されています。私は1度しか飲みに行ったことないのですが、その時に伺ったBARを久々に画像で見て、また行きたくなってしまいました。

そういえば今年は京阪神にも1度も行けていません。うーん、気付いてはいけないことに気付いてしまいましたが、店主めがねは男の分割10回払いと引き換えに、欲望の泉には蓋をする勇気(期間限定)を身につけたので、グッと我慢の子。分割払いは苦手デス。

ニンニン

2009.11.23[月] あるあるーアルヨ。

何か1つ壊れるとあれやこれやと壊れていきませんか?

ココントコ独奏でも色んなものが壊れていっています。店主を筆頭に、とか言わないでください。こう見えてもボク繊細アルヨ。

でまぁ電化製品だけなら電圧トラブルとか他の原因も考えられるんだけど、前身である“独創”が開店してから(たぶん)5年くらい経ったからでしょうか、いろいろと小さなものから大きなものまでぽつりぽつりと天に召されていっております。

そして今、最も危険なのがPCのVAI雄くんです。PCにありがちな“いきなりご臨終”とはなっていませんが、たまーに不機嫌なのです。ソニー・タイマーなる言葉が都市伝説なのかどうかはわかりませんが、もしもこの時期にいきなりご臨終なさって、独奏のあらゆるデータがなくなると、ワタクシきっと立ち直れません。

そんなわけで新しいVAI雄くんを発注しちゃいました。いろいろ壊れたものを買い直して宵越しの銭すら持てない独奏なので、ついに男の分割10回払いなのですが……(T_T)

到着は来月中旬らしいので、あとはそれまで現行VAI雄くんが生きながらえる祈るばかりです。

ところでバックアップってどうするんだろう……

ニンニン

2009.11.22[日] 連休中日、11月22日、いいふうふの日、雨。

連休中日で語呂も良く、本日は結婚式で街に出てる方が多いみたいです。毒荘の一部の奇特な住人も何名かソンナご予定みたいですね。

ま、その手のオメデタイ日の毒荘のBGMは以前にも紹介しましたが、やっぱりこれです。

YouTube - Tom Waits Better Off Without a Wife


~BETTER OFF WITHOUT A WIFE~

友達はみんな結婚しちまった

トムもディックもハリーも・・・

いいかい

独りでやってくには強くならなきゃならないのさ

さぁ 一緒に飲もうぜ

独身男に浮浪者よ

それに

ワイフなどいないほうが

うまくやれると信じている男どもよ


昼まで眠ったり

真夜中に月に向かって吠えたりするのが

オレは根っから好きなのさ

気が向いたら出かけて

好きな時に帰ってくる

魚釣りに行きたくなっても

許可をもらう心配もないし

鍵をよこせという必要もない


オレは自分とうまくやっていける限り

自分のプライヴァシーは守りたいのさ

今のところは信じられないくらい

うまくいってるんだ


仲間と脂肉をシャブりながら

下品なジョークを聞くのが

オレには向いてるのさ

こんな仲間がいてオレは嬉しいよ

心からそう思ってるのさ



Nighthawks at the DinerNighthawks at the Diner
(1995/04/12)
Tom Waits

商品詳細を見る


あ、あれっ、何故だか眼鏡が曇ってよく見えないけど、きっと雨の所為さ……。

2009.11.21[土] 店休日のお知らせ(12/1,15)

恐らく今年最後の店休日のお知らせです。

12月1日(火)
12月15日(火)

です。なんとなく火曜日にしてみましたが、特に意味はなく、基本的に不定休です。

後日また業務連絡が入ると思われますが、年末が記載されていないというところがテストに出ます。

2009.11.20[金] 連休前夜ですがまぁ、相変わらずです。

9月のシルバー・ウィークから始まった秋の連休投売りセールも今週末で終了です。

近頃の独奏の傾向はというと、まぁ、相変わらずです。

ただ、このご時世だからでしょうか?何らかの目的を持ってお見えになる方の比率が多くなっているような気がします。正確にいうと“何となく連れられて”とかの団体さまが少なくなったということでしょうか。もちろんそれだけですと、お客さまが減少していることになるので私の時給が100円を切ってしまいかねません。

そんな折、何を血迷ったのか?独奏ユーザーの中でも一部の奇特な方々しかご覧になってないであろうこの独奏ブログを偶然見て毒を喰らってしまったのか、知らず知らずのうちに独奏ブログ・ストーカーとなり、そして先日ついに「えいやっ」と勇気を振り絞って自動ドアのボタンを押した方がいらっしゃいました。

活字を操ることを生業にしてらっしゃるこの方に、私の稚拙な駄文散文がどのような毒を与えたのかはわかりませんが、こういう出会いも嬉しいものです。この方が素敵なレイディではなく、素敵なレイディの画像に釣られた私と同世代のおっつぁんであったのが残念といえば残念ですが、やはり独奏はおっつぁんが似合います。(もちろん言うまでもありませんが、イイオンナ(予備軍含む)は諸手を挙げて大歓迎ですっ)

そんなこんなでまぁ、相変わらず独奏は独奏だということです。私がここで呟いていることが、辛うじて名も無き便所の落書きではなくて、松山市二番町の底辺で細々と生息しているBARMANの呟きだとわかってちょいと嬉しかった連休前夜。

ニンニン

2009.11.19[木] ぼじょれーぬーぼー(追記アリ)

平仮名だとなんだか可愛いですね。そんな姑息な理由で店主めがねです。

昨日、とある半地下のBARで飲んでると、「そういや日付も変わったし……」ということで飲みました、ボジョレー・ヌーボーを。今年のキャッチ・コピーは『過去50年でも素晴らしい出来』とのことです。(追記:あ、もちろん半地下での会話ではなくてメディアでのキャッチ・コピーの引用ね。半地下でそんなこと言うとサンドバッグにされてしまいますw)

数年前は『ここ100年でも屈指の出来』とか言ってたはずなので、“屈指”と“素晴らしい”の活用法の違いや、数字のマジックがよくわかりました。

まぁそんなわけで?『過去50年でも素晴らしい出来』のボジョレー・ヌーボーをお祝いしたいのですが、独奏ではスティル・ワインの取り扱いをしていないので「ボジョレー・ヌーボーある?」と仰らないでくださいね、というご連絡。ただそれだけのエントリー

ニンニン

2009.11.18[水] 本日はお休みです。

なかなか寒さが和らぎませんね。気温は10度を切るくらいですが、ついに店主めがねは七色マフラーをしてしまいました。

そんな寒い本日、独奏はお休みですが、麦酒が届いているので相変わらず私は独奏でガサゴソしております。んで冷蔵庫の整理をと思ったら、出てきやがりました、常夏の地で造られてる麦酒が……。

DSC_5575_01-s.jpg


常夏の麦酒といっても仕入れは先月だったかな?季節外れの入荷だけれど、なんせフツーに美味い。というか常夏の地で造られているからか、本土と同じタイプの麦酒でも何処となく軽やかで、それが他にない個性となっています。

駄菓子菓子

やはり常夏気分で飲んだ方が“んまい”のは間違いないです。マフラーして飲む麦酒じゃないですw

おかしーなーお客さまに全て飲み干されたと思ってたのになー

まぁそんなこともありますw

ニンニン



……っと、これで終わって何が営業ブログかと。

アメリカ合衆国ハワイ州はマウイ島で造られているこちらの麦酒達。今年州誕生50周年のワイハーに行ったことある、もしくはこれから特に年末年始に行かれるであろう皆さん、有名なコナ・ビールも良いけれど、マウイの麦酒もマイウーですよっ……あ、え、いやその……待ってwww

……

おサムいけれどお腹空いたのでこれにてドロンでござる。

ヌンヌン

2009.11.17[火] 続 IRISH COFFEE

DSC_5482_01-s.jpg

今日も寒いですねぇ……。うどん(そば)屋さんでカレーうどん(そば)を食べてる人が居ると、ついついこちらもカレーうどん(そば)を食べたくなるように、IRISH COFFEEも連鎖するのは今日のように寒い日です。

ただ、相変わらず独りで湯沸かして豆挽いて珈琲入れてウィスキーに火着けて生クリームを泡立てての作業ですので、お客さまにはタイミングを見ていただいたり、まとめて注文いただいたり、お見えになる前に『めがねさん、お湯沸かしといて』と電話していただいたり、本当にお気遣いに感謝して、そして素直に甘えております。

泡立て専門従業員(時給300円)が欲しい京子の語呂。

ニンニン

2009.11.16[月] IRISH COFFEE

ここんとこの数日置きに降ったり止んだりの雨と共に急激に冷え込んできたためでしょうか、今年も始まりました、古典的なホッとカクテル『IRISH COFFEE』です。詳しくは昨年のエントリーを参照ください。という名の手抜きデスw

このカクテルはホット・コーヒーを使うため、狭い店内があっという間に“喫茶独奏”と化してしまいますが、私の心の狭さはソチラ方面には向いていませんので、ご了承くださいませ。

ホット・コーヒーの“ご注文”は、私の心の狭さがコチラ方面にはロック・オンしてしまいますので、ケース・バイ・ケースということで、これまたご了承くださいませ。

アチラとコチラの説明については、独奏ブログをご覧の一部の奇特な方々には必要ないであろうと思われますので、コチラでは割愛させていただきますw

ニンニン

2009.11.14[土] 怖い蟹

こはいかに(此は如何に):いったいこれはどうしたことか。思いがけないことに出会ってとまどったり、その事柄を理解できずに自問したりするさま。

ワタクシ甲殻類のアレルギー持ちですので、蟹は怖い思い出しかないのです。とかそんなことはどーでも良いですね、ハイ。

週末のこんな時間に更新しているのも、いつかウェブログを読み返した時に怖い思い出となっているのでしょうな。

んがぐぐ

2009.11.13[金] 続・釣り銭

本日も釣り銭を記念貨幣にしようと思い、金融機関を数軒回ったのですが、何処も品切れでした。愛媛県は12万枚されていたみたいですが、まさか1日でなくなるとは……。

あと2枚ありますが、なんとなく取っておきたくなってしまいましたw

ま、ご希望の方は仰っていただければ“釣り銭”としてお渡しします。

天気予報どおり、夕方から雨の週末です。

ちょいとドキドキしますが、ある意味“独奏日和”なのかもしれません。

本日もまったりとお待ちしております。

ニンニン

2009.11.12[木] 釣り銭

めがねさんがまだめがねを掛けるか掛けないかの頃は、まだまだファミコンなどというものも娯楽も少なく、遊びといえば野山駆け巡っていたものでした。

ポケモン・カードなどというものもなく、昭和チックな絵を描かれたメンコと呼ばれるもので、カードに描かれた数字や魔法の勝負ではなく、単純にガチンコぶつけ合いでの勝負でした。

収集する趣味は切手や記念貨幣だったりして、『和同開珎』という言葉を聞くといまだに心躍ったりします。

んで、話は現代、めがねを掛けて云十年のめがねさんが、本日も両替のため銀行さんに行くと何やら爺婆さまの列が出来ておりました。

なんじゃらほい?

と思って様子を伺ってみると

【天皇陛下ご即位20年】孫の分まで…記念貨幣に長い列
2009.11.12 11:00 産経ニュース

 天皇陛下のご即位20年を記念した500円貨幣の引き換えが12日午前、全国の各金融機関で始まり、大阪市北区の「ゆうちょ銀行大阪支店」では、営業が始まる午前9時前に40人以上が行列をつくった。

 500円貨幣はニッケル黄銅製。表面は2輪のキクの花、裏面には皇室の菊花紋章があしらわれている。発行枚数は1千万枚で、額面価格で引き換えできる。初日は1人2枚以内に制限されていたが、引き換え後に再び行列に加わる“マニア”も多く見受けられた。

 午前8時から並んでいたという大阪府箕面市の主婦(83)は「いろんな記念硬貨を集めているが、今日だけは逃してはいけないという気持ち。子や孫の分もほしいので、何度も来て10枚ぐらいは引き換えたい」と話していた。


だ、そうです。

ちょうど私の用事が終わる頃に列もなくなっていたので、日本最初の記念貨幣である東京オリンピック記念銀貨幣に想い入れのある店主めがねさんは、ちょいとばかし胸躍る気持ちを隠しながら数枚購入してまいりましたので、本日の500円を含む釣り銭はこちらでいこうかな、と。

DSC_5467-s.jpg

ニンニン

2009.11.12[木] POP POP

秋の夜長の所為なのか、男臭溢れる独奏BGMがココントコ女性ヴォーカルの出番が増えております。

今回ご案内するのは、RICKIE LEE JONESの1991年のアルバム『POP POP』です。雰囲気が女子版TOM WAITSといった感じの方、というか実際にTOM WAITSと同棲していたとかなかったとか。決してすごい歌唱力云々というわけではなく、不思議な魅力を持つ方で、気がつけば身体の中をさっと通り過ぎてしまう乾いた風のような、でもまた何故かリピートしたくなる方です。

そんなシンガーソングライターである彼女の、自身のお気に入りをスタンダードからジミヘンまで全曲カバーで編集したアルバムが『POP POP』です。ポップとなってますが、所謂ポップス、ポピュラー・ミュージックというわけではなく、ジャンル的にはジャズ寄りな感じです。でもそれが彼女にとっての“ポップ”な音楽だったんでしょうね。

ポップ・ポップポップ・ポップ
(2009/11/04)
リッキー・リー・ジョーンズ

商品詳細を見る


ジャズ系(と書くとその筋の方は反論するかもしれませんが)は年に数回しか掛からないのだけれど、それほどに似合う時期ということなのかも。

アメリカン・ポップなジャケットの所為でしょうか、私にとって“ポップ”なこのアルバムは、私にバーボンやサザン・カンフォート(もちろんオールド)などを常温でちびりちびり飲みたくさせるようです。

2009.11.11[水] 近頃たまに掛かるBGM



ケータイではわかんない鴨。いつもはあんまり掛けないジャンルです。ある意味現実逃避鴨。

ニンニン

2009.11.10[火] ちょっとちょっとおまいさん。

100万年に1度の不況のあとで、3000万年に1度のボジョレーの当たり年で、宇宙の始まりビッグバン(仮説)以来137億年(推定)の勢いで拡散膨張する新型インフルエンザ(A/H1N1)のピークを迎えようとしているこの年末に、うちの5年目のSONYのVAI雄さんが挙動不審なんですけど。

2009.11.09[月] 趣味のこと

もともと美術関係に対して興味もなく、ピカソもゴッホも区別付かないくらいの私でしたが、数少ない趣味の1つであった食べ飲みを生業としてしまい、何か仕事とは全く関係ない趣味でも作らないとなーと思い、美術鑑賞を始めたのは2005年くらいのことでした。

とはいっても美術関係は門外漢なので地元でチラホラ観るというのもやってみたけど、どうもよくわかりません。このままだと嫌いな趣味になりそうだったので、どーせ年に何度か大都市圏にお酒のお勉強に行ってるわけだし、それならば昼間は予定も少ないし所謂ユーメードコロを観に行こうということで、出張のたびに昼間は美術館を巡ることとなりました。

最初に観たのはゴッホだったかな?ユーメームメー問わず、ぼけーっと仕事を忘れて立ち尽くすいくつかの作品に出会ってしまい、気がつくと何かの企画展がある時に出張するようになったのでした。

magnolia1941.jpg
HENRI MATISSE - Still Life with a Magnolia - 1941

今回の『ピカソと20世紀美術の巨匠たち』を観る前に「入って3枚目のマティスの静物が良いよ」とちらりと聞いてはいたのだけど、確かに良い味を出しております。

ユーメードコロとしては上にUPした『マグノリアのある静物』があるのだけれど、こちらは本当に“ふわふわピシッ”としています。マグノリアを中心にテーブルにある物が、貝殻だったり、花瓶だったり。でもそんなのかんけーねーと思わせるかのように“ちゃっちゃ”と配色されて描かれて、でもそのジツ、バックが赤一色で染められてて目を取られるけど、ずっと観てるとマグノリアを中心にして周りの物の配色、位置のバランスが絶妙で目に観える形が意味を成さなくなってきます。ここにあるべき色、物、がたまたま貝殻だったというように感じます。

今回展示されていた同じく1941年の『静物』はググっても画像が見当たらなかったのでムメーなのでしょうか?よくわかりませんので画像のUPできませんけど、青系のダーク・トーンのテーブルと右下1/8くらいに床でしょうか、太目のチェック柄が描かれていて、テーブルの上には無造作な感じで色々なものが置かれています。実生活では思わず片付けたくなってしまいそうです。

ただ、絵の中での対象物は物であって物でないように配置、配色されて、図録の言葉を借りると“オブジェは現実感をほとんど喪失し、造詣要素として自律している”とのことです。流石図録、私のぼやけた考えをカッコヨク引き締めてくれますw

そーなのよ、小さな作品なんだけど、それぞれの物がふわふわと、でも何か線でつながれてるかのようにそこから動かないような感じなんです。(うーん、やっぱりうまく書けないなw)

図録によるとパリのポンピドー・センターに今回の作品と対を成す作品があると書いてましたが、構図が似ているからもしかしてこれかしら?よくわかりませんけど、備忘録代わりに。(今度エライ人にでも聞いてみよっと)

marbletable1941.jpg
HENRI MATISSE - Still Life with a Marble Table - 1941

この作品は今回展示されていた『静物』と違い、下書き?もしっかり残っていてまさに“ちゃっちゃ”と描いてます。テーブルの模様も含めてごちゃごちゃしてますが、これだけ色があってなんで汚く感じないんだろ。本当に色彩感覚が素敵過ぎます。

テーブル左上の黒が勿体無いような引き締められてるような……。だから今回展示されていた『静物』はマグノリア“のような”緑色の物が配置されたのかしら?んなこと考えてるから入り口付近で何十分も立ち尽くしてしまうんですよねぇ。

マティスという人は、描きながらあーでもないこーでもないと試行錯誤しているうちに絵がどんどん変わっていくらしく、『マグノリアのある静物』の赤一色の部分も最初は色々な模様が入っていたそうです。その軌跡を観てみたいっ!と思ってググってみたら私の現実逃避の始まる1年前の2004年にパリのポンピドー・センターからたくさんマティスが来てたワナ。そーなんですね、あーそーなんですね。

ま、きっとまた来ると信じてます。来なけりゃ現地行きます。相変わらず観たもの以外は何も知らない趣味ですが、嫌いな趣味じゃなく、楽しい趣味になってきました。

ニンニン

2009.11.08[日] ピカソと20世紀美術の巨匠たち

本日は天気の良い昼中に愛媛県美術館へ行きました。というかココントコ何度も行ってました。お陰で事務仕事溜め杉www

ルートヴィヒ美術館所蔵『ピカソと20世紀美術の巨匠たち』という企画展です。期間内にエントリー書けば良かったのだけど、本日にて終了。

pikaso2009-s.jpg


タイトルのとおり、20世紀のアート・シーンを掻い摘んだもので、初めて観た日は頭の中がごちゃごちゃになってしまったため、2回目からはテーマを決めて空いてるところからじっくりと立ち尽くして観てました。

大規模展というのは経費もハンパナイので地方都市松山で望むことは無理ですが、この規模の企画展を地元で開催されるのは本当にありがたい話です。地元だと時間とお小遣いの許す限り通えますからねー♪

仕事柄なのか、人物画と静物画についつい目が行ってしまいますが、食わず嫌いせずに現代ポップ・アートもちゃんと観ましたよ。具象抽象問わず全体的に難解すぎず、私のようなオコチャマでも非常に楽しめました。

個々の感想については長くなりそうなのでweblogでは省略します。まーよーするにリアルでお待ちしてますってゆー営業デス。

ニンニン

2009.11.07[土] Bartender Vol.15

バーテンダー 15 (ジャンプコミックスデラックス)バーテンダー 15 (ジャンプコミックスデラックス)
(2009/11/04)
城 アラキ長友 健篩

商品詳細を見る


『バーテンダー vol.15』入荷済みです。内容は……私は未だ読んでおりません。ただいまお客さまが読んでおりますw

微妙に時間が取れないのでこれにてドロンでござる。

ニンニン

2009.11.05[木] UNTOUCHABLE

「事務仕事が終わったら飲み食いします」

なんて言ってたのに、ちょいと休憩ついでにPCで下の動画を観てたらめちゃくちゃフルで観たくなってDVDを観直した件について少々。



結局飲みも食いもせず、デ・パルマ・カットとモリコーネの音楽に夢中になってしまいました。お腹減ったよ、ママン。

でも上の動画観ただけではさっぱりわからないでしょうなw

ラストの見せ場はやっつけの様に感じますけど、全編通して緊迫感あり、中だるみがなく、独特なカメラ・ワークや音楽のタイミングなど、話し出すとキリがない作品です。(良くも悪くもね)

アンタッチャブル スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]アンタッチャブル スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
(2006/05/10)
ケビン・コスナーチャールズ・マーティン・スミス

商品詳細を見る


そういえばこの映画の時代背景でもある禁酒法ですが、解禁されたのは1933年12月5日です。ちょうどあと1ヶ月後に今年も例年通り開封します。既に4~5杯は予約入っておりますが、まだまだ予約受付中。昨年開封したのが“当たり”だったので、リピートのお客さまからのリクエストもあり、今年も同じものを開封予定です。

コスナーのラストのイカシタ台詞“I have a drink.”をリアルで体験したい方はご予約推奨デス。

ちなみに脳味噌が娯楽モード(マフィア物)に入ったので、これから『スカー・フェイス』か『ミラーズ・クロッシング』を観る予感。事務仕事?え、なにそれ?

んがぐぐ

2009.11.04[水] 食欲の秋

長年履いたデニムが破れていて、「ま、ダメージ加工(自家製)で良いんじゃないの」と思っていたのですが、最近はVゾーンまでダメージが浸食してきて流石にセクシーとはいえない状況になっていたので、同じメーカーの同じサイズのものをネット・ショップで購入しました。

なのになぜ私のフトモモが入らないの?

コンバンハ、店主めがね(メタボ)でございます。食欲の秋です。愛媛マラソンへのエントリーをお客さまから勧められますが、断固たる決意でお断り中です。本日も事務仕事が終わり次第、繁華街で飲み食いします。というわけで、本日はお休みです。

2009.11.03[火] BAR レモン・ハート 第25巻

ちょうど1年ぶりですね、『BAR レモン・ハート』の第25巻が入荷しました。漫画の延長で西武池袋線大泉学園駅そばにも実在するBARですが、漫画に出てくるマスターはいません。しかし駆け出しの頃に伺った際に、厳しく、そして優しく接していただいたマスターの伊藤さんがいらっしゃいました。

松山に帰ってから、1度だけ伺いましたが、田舎者からすると大泉学園という場所は本当に遠く、それ以来、伺えていませんでした。

今秋、風の便りで伊藤さんが退店なさるという話を伺いました。

また大泉学園という場所が遠くなってしまいました。

BARレモン・ハート 25―気持ちがすごくあったかい 酒コミック (アクションコミックス)BARレモン・ハート 25―気持ちがすごくあったかい 酒コミック (アクションコミックス)
(2009/10/28)
古谷 三敏

商品詳細を見る

2009.11.02[月] 11月です。

昨日からですね。ええ、エントリーし忘れておりましたw

そしてどうやら明日火曜日も祝日らしいですね。これまた忘れてました。通常の仕入れしかしておりません。

脳味噌の性能が落ちてきているなぁ

というタイミングで明後日4日(水)はお休みです。生かさず殺さず、なかなか独奏総務省も上手いこと私を操るものです。

祝日前とはいえ、週の始まりでもあります。そのせいか今んトコ(21時00分現在)人影疎ら。急に寒くなったからかしら?道行く人たちの足取りも心なしか早足です。(あ、21時03分、小雨がぱらつき始め、足取りが更に加速された模様)

ココントコの休日前の傾向からすると、22時から24時の間に怒号の入店椅子取りゲームが始まり、その前後は……という状況ですが、本日はどうなることやら。

ニンニン

プロフィール

店主めがね

Author:店主めがね
場末のバーの中の人です。
心が狭いので優しくないです。
めがねは絶対に外しません。

業務連絡
ウェブログ支店引っ越しました。
http://dokusou.blog.jp/
カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブログ内検索
月別アーカイブ

Plug-in bymaruafi

QRコード
QR
アルバム
呟いても独り
リンク
Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。