独奏ブログ

愛媛県松山市二番町に生息するBARMANの、日々の雑記です。 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  Top

2010.07.31[土] 俳句甲子園

相変わらず壺焼きは仕事に生かせないなぁと思いながら、でもウェブログ支店を放っといて、ほとんど誰もフォローせず無駄に壺焼いているのですが、個人的にお気に入りなのが、俳句をぱくった壺焼きです。

風呂入っても 風呂入っても 汗だく 山頭火(めがね)

呟いても 一人 放哉(めがね)

淋しい 寝る 売上がない 放哉(めがね)

とか、気がついたら目が汗かいてしまいそうなものが多いのですが、それもまた俳句(ぱくりですが……)だろって開き直っています。がしかしよく考えたら松山に居るのに正岡子規をぱくっていません。子供の頃は松山市民らしく子規や碧梧桐が好きで句碑巡りとかよく行ってたんですけどね。

松山では毎年『俳句甲子園』なるものも定着してきているので、俳句は馴染みの方も多いんじゃないのかな?来る8月6日(金)~8日(日)は、全国大会も開催されるみたいです。13回目だというのに恥ずかしながら私は1回も観たことありません。7日は大街道で催されるみたいですし、ちらりと観てみようと思います。

そしてこれを切っ掛けに私もたまにはぱくり以外も詠んでみようかかしら。“たまには”ですけどね。できればネガティブな感じじゃなくて、BARに関するカコイイのができたら良いなと思う、文月晦日。やっぱ無理だよなぁw

ニンニン
スポンサーサイト

2010.07.28[水] 旅は良いよね。



うまいウイスキーの科学 熟成でおいしくなる理由は?仕込によって味はどう変わる? (サイエンス・アイ新書)うまいウイスキーの科学 熟成でおいしくなる理由は?仕込によって味はどう変わる? (サイエンス・アイ新書)
(2010/06/18)
吉村 宗之

商品詳細を見る



ウイスキーの科学 (ブルーバックス)ウイスキーの科学 (ブルーバックス)
(2009/11/20)
古賀 邦正

商品詳細を見る



ウイスキー起源への旅 (新潮選書)ウイスキー起源への旅 (新潮選書)
(2010/04)
三鍋 昌春

商品詳細を見る


ここ数ヶ月でウィスキーに関する本が色々と出てまして、ちょいと興味のある方に向けた物から、人生をウィスキーに捧ぐ勢いの方?に向けた物まで、非常にバラエティに富んでおります。ウィスキーと書いていますが、全てシングル・モルト・ウィスキー中心なのが時代の流れですねぇ。バーボン野郎の独奏も多少はシングル・モルト・ウィスキーを取り扱っていますので全て読みましたが、いかんですね。こういうのを読んでると日本脱出したくなってしまいます。

なんて思っているときに、また1つ出版されてしまいました。これは色んな意味でマニア的には最も危険な物です。


シングルモルトのある風景-アイラ、それはウィスキーの島 (DVD BOOK)シングルモルトのある風景-アイラ、それはウィスキーの島 (DVD BOOK)
(2010/07/16)
山岡 秀雄

商品詳細を見る


お酒マニアのいない独奏の一部の奇特な方々がこの夏チョイスする旅行先は、カナダとかポルトガルとかマヨルカ島(スペイン)とかなんとかなのですが、いつかはお酒マニアではないけどアイラ島(スコットランド)とか旅行する一部の奇特な方々が出てこないかな、なんて無茶な想いを描いております。

「そんなことよりめがねこそスコットランド(シングル・モルトの故郷)とかケンタッキー(バーボンの故郷)とか行きなよっ!」

と思ったアナタはめがねのことを独奏の貧相な売上ほどもわかっちゃいないデス。私は飲酒文化のある国だったら何処でも良いわけでして。

そんなわけで、前述の“とかなんとか”に当てはまる、しばらくの間アッサム地方近郊(インド)に行き、高床式住居で生活するであろう一部の奇特な方の飲酒文化に関する土産話が一番気になってたりして。

ま、何をどう言ったところで、私はこの夏もずっと独奏警備員です。今日の昼間に「世界がめがねを呼んでる気がするっ!」と税理士さんに言ったら、困った顔をされてしまいました。

ニンニン

2010.07.26[月] 店休日のお知らせ(8/2,23)

土用の丑の日です。鰻にとっては平賀源内を恨んでも恨みきれない、鰻大量虐殺の日です。私もご多分に漏れず、本日は鰻を食したので夏バテ防止の効果があれば幸いなのですが、そんな日のエントリーが休業日のご案内だったりしますw

決して夏バテというわけではありませんが、そうならないために、

8月2日(月)
8月23日(月)

を休業いたします。よろしくお願い申し上げます。

ニンニン

2010.07.24[土] THE Whisky World vol.29


THE Whisky World vol.29 (Zearth Mook)THE Whisky World vol.29 (Zearth Mook)
(2010/07/20)
不明

商品詳細を見る


そういや入荷済みです。特集は横浜のバーです。表紙がメーカーズ・マークなので少し期待したのですが、広告ページだけでしたorz

ま、そんなもんです。そしていつも最初に読む記事は……、落ちてましたorz

ま、そんなもんです。私も前号のエントリーを忘れてましたし。

独奏も何故か最近の御新規の方はシングル・モルトをチョイスする方が多いですからねぇ。何故かしら?これまたバボーンの営業不足?ま、そんなもんです。

よしっ!真面目にお酒のエントリーも書こうっ!来月から……。

ま、そんなもんです。

ニンニン

2010.07.23[金] みんな最初は初心者なわけでして。

珍しく一部の奇特な方からリアルで質問がありましたので、チラリと書きます。ココントコこのウェブログは営業不熱心ですんません。基本的にウェブログの内容に関しては「お酒の話は興味ない~」という方しかリアルでアピールしないからかなぁ……。

前エントリーのお酒は'80年代以前のCUTTY SARKでグラスはフランスのBACCARAT社 ROTARY('81-'91)です。そして同様に'85年のWILD TURKEYでグラスはアメリカのLIBBEY社 WHISKEY SERVICE(現行)です。

ROTARYは作られてた期間も短いけど、古くはないのでたまに見かけますね。小さめのオールド・ファッションド(ロック)・グラスで、カットも深くダイナミックなので男性的なイメージですが、手の小さな女子にも持ちやすいです。ショット・グラスは、まだあんまり古いのには興味が湧かず、現行LIBBEYで満足してます。

お酒に関しては'80sのお酒が開いていたので、なるべく1984年辺りのイメージでね。どちらも現行との味わいの違いはあって当たり前でして、だからといって特段どうよ?というわけでもないのでサラリと流したかったのですよ。意外な方がここ見てて意外な質問だったので、それはそれで嬉しかったりして。そんなこともあるのねと。少しはアブラギッシュに営業エントリーも書いた方が良いのかな?というか、いつまでも“初心者に優しく”ですねぇ。

エントリーも1000件超えるとネタも尽きてきて、何を書いて良いのか迷うこともあるのですが、何かの偶然でここを読み始めた方にとっても、何かの切っ掛けでバーに興味を持った方にとっても、ウェブログでもリアルでも、常連か玄人しかわからないようではダメですもんね。

冒頭の一部の奇特な方には色々と忘れかけてたことを思い出させていただきました。ありがとございます。

ニンニン

2010.07.22[木] 去りにし日々

DSC_7040-s.jpg

1984年、バーで飲む“スコッチ”のお手頃ラインがカティー・サークならば、バーで飲むワイルド・ターキーは、ちょっと高価な“バーボン”だったと思います。(少なくとも私がバーに通い始めた数年後の世界では)

でも天吾は自宅でワイルド・ターキーをストレートで飲んでたので、“バーで飲むお手軽な酒”と“自宅で飲むちょっと高価な酒”とは同じくらいの感覚でしょうか?

少なくとも私は、初めてバーで飲んだアーリー・タイムズ(わんしょっとすうひゃくえん)と初めてのバイト代で買ったワイルド・ターキー(いっぽんいちまんえん)の感動はどちらもサイコーだったな、と。まー思い出補正でどちらも美しすぎますけどw

ニンニン

2010.07.22[木] 人の心を支配する不寛容さ

DSC_7038-s.jpg

「バーで凝ったシングルモルトよりはカティーサークを頼む方がセンスが良い」みたいな台詞を青豆が言いますが、確かに当時はそんな時代でしたね。(私が公式にバーで飲み始める6年前の時代ですが)

今はあらゆる嗜好品がマニアックに細分化され、広範囲に浸透しているので「シングルモルトを頼む方がセンスが良い」みたいな風潮もありますが、マニアックな度合いとしては各所で行われているウィスキーや麦酒のお祭りも、アニメやゲームのお祭りと同じだと思っております。(もちろん、どの方面にもシニカルな意味合いではなくて)

そういう意味では私は(否定したいところですが)マニアックな人間なのでしょう。ただ、それが、必ずしも、良いバーマンの条件、というわけではなく、そしてまた、マニアックな人間が、必ずしも、良い飲み手の条件、というわけでもない、と思います。

全方位に対して“良い時代”なのかもしれませんし、あるいは、そうでないのかもしれません。この辺りは書き始めると脱線して止まらなくなりそうなので、かなり端折って誤魔化し、これにてドロンでゴザル。

ニンニン



2010.07.20[火] 1Q84

世間さまの周回遅れで、望む望まずにかかわらずこの連休に『BOOK 2』まで読み終えてしまいました。そして感想というか、気付いたこと。

1年くらい前にカティ・サークやトム・コリンズのオーダーが微妙に増えてたのよねー。

あの時期はワイルド・ターキーやジン・トニックも影響受けてたのかな?

私が村上春樹の作品を嫌いでない理由は、描かれているお酒の銘柄を適当に付けたのではなく、しっくりくる銘柄にしているところなんだろうな。

さーて今日は“閉店後から”残りの『BOOK 3』を読むとしましょ。元気があったら久々に写真も撮ってみようかな。

ニンニン

2010.07.19[月] 海の日

繁華街の飲み屋の対極にある日です。

んなわけで、本日はちょいとズルして?早仕舞いの予定です。

昨日お見えになった方々には、想像も出来ないだろうけど。

『BOOK 2』を全部読み干せた、予想通りの1日。

悪い予感というのは、良い予感よりずっと高い確率で的中する。

明日は『BOOK 3』を読もう。

ニンニン

2010.07.17[土] ナツガキタ(追記)

ミンナ ウキウキ シテル

ダカラ まったり

ニンニン


(追記)
ゲリラ ゴーウ ノゴトク

まったり ノチ バタバタ

ヌンヌン

2010.07.16[金] 梅雨の終わりにふと思ふ

2010年梅雨劇場は大喝采のような土砂降りで幕を閉じた予感デス。被害状況も気になりますが、今は滝雨も止んでいて二番町の繁華街も人が湧いています。こんな日の独奏は、世間の賑わいに反比例してゲフンゲフンの場合が多いのですけど、はてさてどうなることやら。

そして今日は連休前夜なんですね。子供たちはこれから夏休みなんでしょうか?独男(四十路)にはよくわかりません。ただ1つわかっているのは、日曜日月曜日とカレンダーの赤い字の日は15時開店だってこと。いやーん

カレンダーの赤い字の日は休まないってのが独奏唯一の営業日の決まり事だから、しゃーないですけれどね。そんな決めごと無ければ間違いなくブリュセレンシス・ビアフェスティバルに参加してるんだけどなー。

そういえば昔“ほろ酔い会”に一緒に行った、昔の同僚がそっち系ど真ん中で働いているとのこと。隔世の感があります。「来ないのー?」と言われたけれど、地方経済は疲弊しているのでゴザルよ。ここには格差の感があるよな、と思ったり、思わなかったり。

そのうち遊びに……いやいや、研修に行きたいけど、それまで元気に働いててくれれば良いのだけどね。また当時の仲間と昼までドロドロに酔いたいなー。ンなコト考えるのも、年取ったからかしら?梅雨の終わり(たぶん)の週末に、ついつい懐かしいことを思い出してしまいました。

ニンニン

2010.07.15[木] もやしもん第9巻

8巻は待望のビール編だったのですが1巻分で終わり、9巻はツナギ?というか、相変わらず読むのに時間の掛かることこの上ないのに内容はあっちゃこっちゃという感じです。Ustで作画ライブを観ましたが、描き込みがパネーっす。感動しましたが、おじさんはこの表紙だと買いにくかったり、なかったり。

もやしもん(9) (イブニングKC)もやしもん(9) (イブニングKC)
(2010/07/06)
石川 雅之

商品詳細を見る


そういえばソッコーでなくなったもやしもんエールも追加発注してます。毎回すごいね。次の到着は月末みたいです。今回は分散を図るためラードラーとヴァイツェンも発注してます。あー月末はセラーと冷蔵庫がエライコトになりそうですw

ニンニン

2010.07.15[木] 積ん読消化中。


考える人 2010年 08月号 [雑誌]考える人 2010年 08月号 [雑誌]
(2010/07/03)
不明

商品詳細を見る


今月の『考える人』が村上春樹ロング・インタビューだったので購入してたんだけど、実は波に乗りたくなくて『1Q84』は未読だったのです。そしたらたまたま街の氷屋さんがBook1からBook3まで貸してくれて、でも今はウィスキー関連の本を何冊か並行して読んでたり、それなのにお客さまに紹介していただいたSF小説をポチッとまとめて買ってみたりして、でもこんな時に小切手ありがたいことに満員御礼の日が続いたりして、あー良かった感謝感激。でも積ん読増えてどーしましょと思ってたら、今日はガッツリ読めてしまいました。ありがとうございます。

ニンニン

2010.07.12[月] まつりのあと

サッカーをしていたのは、小学生の頃です。中学でもサッカー部に入りたかったのですが、転校した学校にサッカー部はなく、かなりショックを受けたものでした。そんな私の脳内に残る最も昔のサッカーの記憶は、釜本邦茂の引退試合です。それもゴール・シーンとかではなく、釜本、ペレオベラートの華麗なパス・ワークです。今と違って当時は野球全盛期でサッカーなにそれ美味しいの?といった時代ですから、めがね少年(独)は、パス交換する相手がいるだけでも羨ましかったのかもしれませんがねw

その時の記憶でもう1つだけおぼろげながら覚えていることがあります。どこの新聞だったかは忘れましたが、その日の1面コラムが釜本邦茂の話題だったことです。得点感覚を養うためのトレーニング云々の話だったかな、寸暇を惜しんで動体視力を鍛えるために日常の電車の中でも通過駅構内の人の見分けをするとか、そんな話だったような気がします。もしかしたらあしたのジョーとかと記憶が混ざっているかもしれませんが、今なら非科学的で笑えるようなことが、当時のめがね少年(独)にとってはリアルだったのです。



バーマン丁稚時代に初めて生で観戦した日韓大会から8年、地元に帰り旧独創雇われ店長時代に系列スポーツ・バーできゃっきゃしたドイツ大会から4年、そして今回の南アフリカ大会では現独奏オーナー兼雑用としてまったり観戦という現状。

着実に……なんて当然も思っちゃいないですし、だからといって4年後は左団扇でわっはっはーなんてことも思っちゃいないです。ただ、4年なんて月日はあっという間に過ぎ去って行くということです。4年後にまた「勇気と感動を貰いましたっ!」などとモニターの前で言うことなく、胸張って4年後のブラジル大会に現地で迎えられるようにはどうすれば良いのか、ということを考えていたときに、なんとなく思い出した店主めがねの少年時代。

500円貯金も大切だけど、日々のお仕事について思い返した、祭りの後の月曜日。

ニンニン

2010.07.09[金] THAT'S THE STORY OF MY LIFE

THAT'S THE STORY OF MY LIFE
私の人生物語
間違っていることと正しいことの違い
でも この二つは死語だとビリーが言った
それが私の人生物語



ルー・リードの歌詞を彼の詩集『BETWEEN THOUGHT AND EXPRESSION』から引用してます。この詩の注釈?として、ページ下段に“ファクトリーの写真家ビリー・ネイムがこれを言った。それから、私がレズビアンだとも言ったから、彼の言うことはまともにとってはいけない。”と書かれています。


ニューヨーク・ストーリー―ルー・リード詩集ニューヨーク・ストーリー―ルー・リード詩集
(1992/08)
ルー リード

商品詳細を見る


表のめがねは小鳥ピヨピヨ言ってますが、裏のめがねとしてはニヤリとしてこちらに惹かれてしまうのよね。実際に持ってるのはこっちだから、こちらが表なのかな?うーむ……。

YouTube - Velvet Underground- self titled



Velvet UndergroundVelvet Underground
(1996/05/07)
Velvet Underground

商品詳細を見る


ニンニン

2010.07.09[金] みんなちがって、みんないい。

休み明けにちょいとお酒が抜け切れていないな、と思う日に独奏の神さまは試練を与えてくださいます。満席で席に着けなかったお客さま、誠に申し訳ございませんでした。

それにしても、二日酔いにはならなかったけれど、身体が少し重く感じるくらい松山市二番町界隈のバーを飲み歩いたのは久々です。新しく開店したバーや、なかなか足を運べていなかったバーに、いつも必ず伺うバー。どのバーもそれぞれのバーマンが仕事に誇りを持ち、それぞれの形で表現しています。当然、バーマンの数だけバーの空気があるわけで、色々と話していて意見が一致することもあれば、小さな違いで討論が始まることもあります。職人気質が強いので、皆それぞれの考えに芯があり、あれが良い、これが悪いと、小さなコトでもついつい白熱してしまいます。

わたしと小鳥とすずと

  わたしが両手をひろげても、
お空はちっともとべないが、
とべる小鳥はわたしのように、
地面(じべた)をはやくは走れない。

わたしがからだをゆすっても、
きれいな音はでないけど、
あの鳴るすずはわたしのように
たくさんのうたは知らないよ。

すずと、小鳥と、それからわたし、
みんなちがって、みんないい。




わたしと小鳥とすずと―金子みすゞ童謡集わたしと小鳥とすずと―金子みすゞ童謡集
(1984/08)
金子 みすゞ

商品詳細を見る


『わたしと小鳥とすずと』という金子 みすゞさんの詩です。“みんなちがって、みんないい。”という言葉で終わるこの詩に出会ってから、常々そうありたいなと思ってはいるのですが、お酒が入りすぎると駄目ですね……w 心のササクレが開き、余計なことを口に出していたかもしれません。 しかもたちが悪いことに記憶がおぼろげなんですよねぇ。

YouTube - 私と小鳥と鈴と


今日は自戒の念を込めてのエントリー。シラフで読み直すと昨日の細切れの記憶が脳内リプレイされ、我ながら情けなくって泣けるデス。

ニンニン

2010.07.05[月] ル・コルビュジエ展

ワールド・カップ中心の生活だから、ずっと行けてなかったル・コルビュジエ展を観に愛媛県美術館へ行ってきました。

感想は……、展示物は違うけれど、基本的に3年前の過去エントリーをご覧になってくださいという手抜き。

今日はちょいと疲れてたのかな?明日は休館日なので、明後日明明後日とまたじっくりと観てきます。というか、LC4で寝てきますw

ニンニン

2010.07.04[日] 店休日のお知らせ

予定外の事態が続いております。あ、ワールドカップの話じゃなくて。

もちろん、お見えになってくださった方も気付きにくいような点ですが、完全に元通りに戻すため、1日休業することにしました。

7月7日(水)

に休業いたします。よろしくお願い申し上げます。

2010.07.03[土] ピーポー解除

本日も開店が遅くなり、せっかくお見えになっていただいた方々にご迷惑をお掛けいたしました。独奏の非常事態宣言も解除され、無事開店したのですが……、あれだけお見えになってくださった方々は何処へやら……。

どうやら今日は流れに乗り損ねたようです。昨日も乗り損ねたのにね。それでもまぁ、溺れないように、次の流れが来ることを願って、しっかり仕込みを続けます。

ニンニン

2010.07.02[金] ……のはずでしたが……

2010年の後半戦が始まったというのに、朔日は結局お休みで、本日も開店時間が遅くなります。誠に申し訳ございません。

文章だと冷静ですが、非常事態なので脳内ではピーポーピーポー鳴りまくっております。

後半戦立ち上がりは気合い入れてくはずだったのに……orz
プロフィール

店主めがね

Author:店主めがね
場末のバーの中の人です。
心が狭いので優しくないです。
めがねは絶対に外しません。

業務連絡
ウェブログ支店引っ越しました。
http://dokusou.blog.jp/
カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
月別アーカイブ

Plug-in bymaruafi

QRコード
QR
アルバム
呟いても独り
リンク
Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。