独奏ブログ

愛媛県松山市二番町に生息するBARMANの、日々の雑記です。 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  Top

2010.08.31[火] 店休日のお知らせ(9/6)

エントリー更新していなかったので、遅くなりましたが9月のお休みです。たった1日と思うかもしれませんが、あと1日は予定が入りそうです。しかしながら、まだ確定していないので取り急ぎのお知らせです。

9月6日(月)

休業いたします。よろしくお願い申し上げます。
スポンサーサイト

2010.08.30[月] 1週間ぶり

いやぁ、さぼったさぼったw

前エントリー・タイトルが「本日は休業~」だったので、一部の奇特な方々にはご心配掛けたようで申し訳ございません。いろいろとね、思い立ったにしては無駄に時間かかるくせに手を抜いた作業?をしていたものでして。

詳細にストークしてる方は、tweetで生存確認されてたようで。こちらは140字という制約からか、テケトーにゴミのような言葉を掛けるので多少はtweetしておりました。ゴミですけどw

で、作業をしているときに色々とBGMを掛けていたのですが、これがまた8月の終わりだからか、微妙に懐かしく、しかしながら睡眠時間も削っていたため、ノリノリのBGMばかりセレクトするめがねさん。

つまり、全然作業が捗らないのでした。

日中の暑い店内、パンツ一丁で、ノリノリで作業する四十路めがね。あ、想像はしなくてケッコーです。

しかしながら、どーしても想像したいという、本当に一部の一部の奇特なお客さまのため、妄想を助ける動画を張り、本日はこれにてドロンさせていただきます。まーだいたいリアルでこんな感じの作業にならないBGM聴きながら歌いながら、そして踊りながら作業をしていた1週間デス。

YouTube - Cartoon Heroes (Remix) by Aqua


ニンニン

2010.08.23[月] 本日は休業いたします。

DSC_7114-s.jpg

日中はずっと試作してたり。画像もカクテルもなかなか上手いこといきません。

さーて後片付けして二番町を徘徊しましょかね。

ニンニン

2010.08.19[木] 売上の一部は愚陀佛庵の再建に寄附されます

なにやらカクテル・パーティのフライヤーが届きました。実は私も底辺ですが巨大な組織に籍だけは置いていただいてたりしますw

DSC_7082-s.jpg

9月23日木曜日だそうです。平日なのかーと思ったら祝日でした。残念、私は15時から営業中です。内容が伝わってこないので無責任なこと言えませんが、テーマ?は『time travel』だそうです。古典的なカクテルから現代のカクテルまで色々楽しめるってコトかしら?

松山の腕に覚えのあるバーテンダーさんたちが結集する数少ない機会ですので、興味のある方は如何かしら?独奏でもチケット販売中ですw

ニンニン

2010.08.19[木] Maker's

どーも。本日はリアル一部の奇特な方々で且つ、ウェブログ支店をご覧の方々に、最も人気の少ない『お酒』のカテゴリーですw

でもまぁ、キョーミ茄子の方々の気持ちもわからないわけでもないので、本日は画像メインです。ええ、手抜きです。

今回はなんとなくMaker's Markというアメリカのバーボンのご案内。1枚目はトリコロールの封蝋が鮮やかなMaker's Mark Red White Blue Triple Waxです。過去エントリーのとおり9月11日に絡んでいるので、この頃には飲み干されることでしょう。

DSC_7075-s.jpg

2枚目はバーボンというかアメリカン・ウィスキーというか。Maker's Markの意欲的なバリエーションのMaker's 46です。樽の中で熟成させるところまでは恐らく通常品と同じですが、最後の数週間、10本の焦がしたフレンチ・オークの棒を漬け込む行程が追加されてます。他国のウィスキーに比べてレギュレーションの厳しいバーボン・メイカーの苦悩を思うと、それだけで応援したくなります。通常品とは違うコルク栓に地味な気合いを感じます。マーク好きのお客さまにも好印象です。オールド好きの方は興味ないかもしれませんが、たまには前を向いても良いのでは。

DSC_7074-s.jpg

あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

『封蝋が下に向かって垂れていたと
思ったらいつのまにか上に向かっていた』

な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
れも何をされたのかわからなかった…

頭がどうにかなりそうだった…

催眠術だとか超スピードだとか
そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ

もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…


私が何を言っているのかわからねーと思った方はそのままでいーですw
とあるお客さまに教えていただいたコピペですw
見た目は???ですが、普通のMaker's Markです。おきになさらぬよーに。


DSC_7076-s.jpg

ニンニン

2010.08.17[火] 「じゃあ、読もう。」

去年のエントリーを見ていると、どうやら私はお盆明けにお江戸できゃっきゃしていたようです。今年はというと……orz 4年に1度のアレのお陰で?と言いたくはないけど、かなり影響ありましたからねぇ。やっぱり影響出る前の5月末に気合いで行くんだったデス。何せ今年は新国立美術館でオルセー美術館展がありましたから。→16日まで

後半は激混みだったみたいだけど、前半はそうでもなかったぽいし……。特別な事情で巡回されてる、恐らく2度と来ないであろう作品たち……。最後まで日帰りで行こうかともがきましたが、2~3日かけてゆっくり観たいしなー……というわけで無理なモノは無理という結果に。観に行った一部の奇特な方は「芋洗い状態で観るより本国でゆっくり観た方がイイヨ~♪」と気楽に仰ってくださいましたが、これまたorzだったりしてw

そんな気持ちを忘れるためにか、とろけるような猛暑日の昼間はずっと読書タイム。この夏は珍しくサイエンス・フィクションを読んでマス。2005年に日本語訳が出版された『オルタード・カーボン』がそれ。ジョエル・シルバーで映画化もされるみたいです。


オルタード・カーボンオルタード・カーボン
(2005/03)
リチャード モーガン

商品詳細を見る


ちょうど先月に3作目の『ウォークン・フュアリーズ』も出版されたので、2作目『ブロークン・エンジェル』も含めてこの夏に読み切りたかったんだけど、まだ『オルタード・カーボン』の下巻の途中というワナ。久々のSFなので脳内で世界観を作り上げるのがかなり手間取ってます。

ここを何とか乗り切り、今年は仕事に関係のない本を読む習慣が出来たらな、なんて目論んでいます。私にはこれがなかなか難しいんですよね。そういや今年は誰が勝手に決めたか国民読書年なんだそうです。「じゃあ、読もう。」というキャッチ・フレーズすら知りませんでしたが、今の私には丁度良いテーマかもしれません。できるかしら?


ニンニン

2010.08.15[日] おぼんこぼん

書き始めると結論のない話を延々と書き始めそうな8月15日。今日は昼間に祖父の墓前で手を合わせてたら、なんか泣けてきた。ココントコそういう本を読んだり、そういう話を見聞きしていたからか、それとも、ちょいとお酒が入っていたからかもしれないけれど、これは初めての感覚だった。四十路だからなのか、遅すぎるのか、よくわからないけど、兎に角そういうこと。まったりとしているけど、それはそれでよい日もあるわけなんだな、と。

合掌


昭和16年夏の敗戦 (中公文庫)昭和16年夏の敗戦 (中公文庫)
(2010/06)
猪瀬 直樹

商品詳細を見る

2010.08.13[金] 松山まつり第三夜

本日は松山まつりの最終日です。相変わらず1ブロック向こうからは地鳴りのように響いてきます。昨日もまったりとはしていましたが、お馴染みの方から数年ぶりの方に初めての方まで、微妙に皆さん長っ尻の1日でした。いつもと同じようでそうでないのは、ちらりほらりと浴衣の方がいらしたからでしょうか。THE日本の夏、といった感じでこれまた吉でした。

さて本日はどうやら金曜日らしいのですが、どちらに転ぶんでしょう?今年はもうよくわかりませんデス。

とりあえず外の爆音に負けないよう、爆音営業するとしますか!

ニンニン

2010.08.12[木] 松山まつり第二夜

昨日はぽつりぽつりとお客さま。決して忙しくはないんだけれど、お馴染みの一部の奇特な方々から、懐かしい顔の方もお見えになり、「あー、3年目なんだな」と妙に耽ってしまいました。もちろん、お祭りにカンケーナイ皆さんばかり。 これまた「らしいね」と耽ったりして。ま、先は長いからこれまた備忘録として。

で、松山まつり第二夜は野球拳おどりです。ここをご覧になってる県外の一部の奇特な方々が想像するであろうムフフな踊りではございません。常識的に考えて公共の場でそんなムフフな踊りが行われたら、なんと素晴らしいことでしょう!あ、いや、本気に取らないでw 詳しくはWiki様をご覧になってください。

と、いうわけで本日の営業状況は予定通りならゲフンゲフン。そうでないならそれなりに。先が読めれば苦労はしないけれど、だからこそ日々が楽しかったりして。はてさてどーなることやら。

ニンニン



2010.08.11[水] 松山まつり

今日から明日明後日と松山まつりです。独奏の1ブロック隣は大街道という松山屈指のアーケードで、第一夜の本日は野球サンバという踊りで出場チームがこの大街道を練り歩きます。

私はたった独りの独奏警備員なので持ち場を離れることは出来ませんが、きっとたくさんの人が大音響と共にきゃっきゃしているのでしょう。

ちなみに1ブロック隣の独奏前の通りは……。

まぁ、毎年のことですから。来年の自分自身に「覚悟しとけよ!」という業務連絡ですから。

と、いうわけで過去のエントリーを見ながら、今年も来年への業務連絡なのでした。

ニンニン

2010.08.10[火] 近頃のフレッシュ・フルーツ・カクテル(8/10)

個人的に懐かしいエントリー・タイトルです。相変わらずやるやる詐欺で営業活動をサボっているのですが、ココントコ立て続けに「書け」と命令されまして、とりあえず活字だけですが、チラリと書きます。

マンゴォ:只今は沖縄産。初夏から大活躍ですが、夏の終わりと共にそろそろ終盤です。そのままでも十二分に美味しいのに、ペッパー・ベリーとか忍び込ませてイヤガラセをするのですが、これはこれで人気だったりします。マンゴォの香りのする液体、ではなく、とことんマンゴォなので成り立ちます。ええ、原価無視ですw

パション・フルゥツ:只今は鹿児島産。今の仕入れ先のはとてつもなく密度が濃いです。果汁は少ないのでパイナポ・ジュースに香りを移し込み、基本的に種をパリポリ食していただく定番のパターンから抜け出せず。むぅ。それだけ人気ということです。

ブルベリ:愛媛 丹原町産。春先から旬の品種が替わりながらまだまだ出てます。個人的にはフランボワーズが出荷される季節にこの香りを乗っけたモノが好きでしたが、もうないです。ちゃんと営業しろって?ご尤もデス。今は甘みが強いのでほんの少しのミントで引き締めています。

桃:昨年地元の生産者さんの甘い言葉に騙されて酷い目にあったので、今年は和歌山産。ちょいと甘過ぎ香り過ぎなのですが、この甘さと香りを大切にシンプルに仕上げています。基本的に美味しい旬は短いので、ご注意ください。

スモモ:只今は山梨産。暑い日差しの中、よーく冷えたのをパリッとかぶりつきたいスモモさんですが、今取り扱っているのはかなり甘みが強いです。きゅーっと酸っぱい皮と種周りに郷愁を覚える昭和の男ですので、甘いだけの男にはなりません。あれ?何か文章がおかしい。

毎度のごとく何か忘れている気もしますが、基本的にはこんな感じです。今後は檸檬、酢橘、和梨、洋梨、葡萄、無花果辺りでしょうか。試作用でいくつか舞台裏に控えておりますので、気になる方は私をつついてみてください。

つらつらと書きましたが、やっぱり写真の方が楽かも。

ニンニン

2010.08.09[月] 麦酒がヤバイぱーとつー

アフォみたいに発注しまくった麦酒が全て届きました。第3冷蔵庫までぱっつんぱっつんデス。基本的にハード・パンチャーなタイプの麦酒をセレクトしている独奏ですが、今回は夏向きの軽やかなタイプも仕入れてみました。麦酒というか、発泡酒というか、それともなんというか良くわかんないモノまで色々ございまして、2.5%から32%くらいまで幅広く取り揃えてみました。危うく勢いで40%オーバーのモノまで仕入れそうになったのは内緒です。

しかしまぁ、どれだけ在庫が増えても相変わらずビア・リストを作る気は消費税率ほどもなかったりしますw

それよりもなによりも、試飲だけで通風になりそうな勢いなんですけどw

はてさてどーしましょかねー

考えて行き着く先が(書かないけど)色んな意味でヤバイです。

ニンニン

2010.08.08[日] Bartender Vol.17


バーテンダー 17 (ジャンプコミックスデラックス)バーテンダー 17 (ジャンプコミックスデラックス)
(2010/08/04)
長友 健篩

商品詳細を見る


みんな大好き、『Bartender Vol.17』が入荷済みです。先日のコメントで“どこかで見たなと思った”とあり、もしやと思って読んでみるとネタが被ってました……。

/(^o^)\ナンテコッタイ

ま、そんなこともありますよw

もちろん、漫画のように素敵なお話は書けませんけどね。そして当たり前田ですが現実は漫画のようにキレイにまとまることばかりでもありません。私の修行不足ということは言うまでもなく、そしてそれを抜きにしてもね。ただ、この漫画によって、バーテンダーやバーに興味を持つお客さまが増えていただけると嬉しいですね。

さて、今巻でホテル・バー編は完結だそうです。ということは次号から独立開業編になるのかしら?独立開業組(底辺)としては早くも新巻が出るのが待ち遠しくなりました。また掲載雑誌を読んでみようかしら?

ニンニン

2010.08.07[土] 立秋

今日は立秋、暦の上では今日が暑さのピークになります。で、明日からも当然暑いのだけど、夏の後半戦ということで、明日からは残暑の始まりとなります。

暑さのピークなわけですから、どうせなら夏負けしない音楽が聴きたいと思い、今日は延々とLed Zeppelinです。個人的にはエアコン切って大汗かきながら暑苦しく爆音でいきたいのですが、これ以上世間さまの評判を悪くして生きていけるほど強い子でもないので、静かに“狂熱”な感じでいきます。


THE SONG REMAINS THE SAME ― 狂熱のライブ [DVD]THE SONG REMAINS THE SAME ― 狂熱のライブ [DVD]
(2000/03/10)
レッド・ツェッペリン

商品詳細を見る


ニンニン

2010.08.06[金] 麦酒がヤバイ

先月末にセラーも冷蔵庫もスッカラカンになる勢いで飲み干されまくっていた麦酒たち。

これは危険だ!

ということで後先考えず関係各所に発注しまくりました。

でだ。

発注分が無事届いてセラーと第1冷蔵庫と第2冷蔵庫がパンパンになったのだけど、まだまだこれから届く予定なの。それを忘れて新たに1ケースほど発注してるの。

久々に第3冷蔵庫の出番ですw

そんなわけでおよろしうです。私を楽させてくださいw

ニンニン

2010.08.05[木] UNDERBERG pre 1939

8月入って猛暑日続きだからというわけではないですが、ナンダカンダと忙しく、文字通り“心を亡くし”かけておりました。「こりゃダメだ、なんとか生き返らなきゃ」というわけで、たまたまお掃除ついでにカウンターに出していたとあるボトルを見たとあるお客さまが「これ飲みたいデス!」ってことで、何も考えずに開封いたしました。

DSC_7063-s.jpg


以前に画像だけ載っけたことあるちょいと大きなUNDERBERGです。このボトルに関しては正直なところ年代が特定できてません。予備知識としまして、1846年にHubert Underberg-Albrechtによって設立され(恐らく世界大戦の影響でしょうか)原材料不足のため1939年から1949年12月まで製造中止していたことと、その後に孫のEmil Underbergによって20mlサイズで再生産されたことがWikipediaなどでわかります。

でも、細かい遍歴がよくわかんないんですが、ドイツの1920年頃の広告やブリキの看板などには余裕でこのボトルとほぼ同じ絵が描かれています。ほぼ同じというのは、このボトルがUS向けのラベルだからほぼ英語で書かれていて、本国向けに“SEMPER IDEM(不動普遍?)”と書かれているところが“Stomachic”と書かれていることです。Stomachicって……。もろに“健胃薬”やないですかw ま、もともと不思議な薬草酒のポジションですから、側面ラベルには“食前に茶匙1,2杯の使用”などと書かれております。

話は元に戻って、1930年代の広告も同じような感じなので、確実にわかるのは1939年以前のボトルだということだけです。

しかしまぁ、茶匙1,2杯でお代を頂くのは、お江戸のマニアックなお店でもないから避けたいですし、でも容量がseven 8/10 fluid ouncesでしかもショルダーくらいに揮発しているので、多くの方に味わっても頂くためには現行品の容量20mlというわけにもいかないですし……。

というわけで、答えも出ぬままとりあえず気分で15mlくらい注いでみました。現行品のアニス系とは違う、でもやはりアニス系?の華やかな香りがします。グラスはもちろん所有している中でもっとも古いタイプです。これよりも素敵なオペーク・ツイスト・ステムも見たことありますが、とても当時の私のお小遣いでは買えない金額で断念したのが悲しい思い出です。今出会えたら猛暑でアタマ壊れてるからきっと後先考えずに買うと思います。

DSC_7055-s.jpg

で、飲んだアト。

DSC_7056-s.jpg

よくわからない画像ですが、お客さまが突っ伏してるトコロですw とにかく苦い!苦いっ!悶絶DEATH!!!

用法の“食前に茶匙1,2杯の使用”はダテぢゃなかったDEATH!まさにAROMATIC BITTERです!

こうなると一部の奇特な方も私も頭の中までBITTERNESSに支配されてしまいます。在庫している現行品と謎のゴールドも開封し、比較し始めてしまいました。あまりにもキョーレツなので林のようなグラスの中でお友達にメールしているお客さまの図。

DSC_7060-s.jpg

1949年以降から現行ラベルになるまでのUNDERBERGがないのが残念ですが、ちょうどその頃のラベルのボトル(年代と度数不明)が10本ほど(割高ですが)海の向こうから送られてきてる途中なので、これまた楽しみだったりします。そんでもってエントリーも長くなりましたので、一旦切ります。このボトルが届いてから再度リポート“予定”でござる。

ニンニン

プロフィール

店主めがね

Author:店主めがね
場末のバーの中の人です。
心が狭いので優しくないです。
めがねは絶対に外しません。

業務連絡
ウェブログ支店引っ越しました。
http://dokusou.blog.jp/
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
月別アーカイブ

Plug-in bymaruafi

QRコード
QR
アルバム
呟いても独り
リンク
Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。