独奏ブログ

愛媛県松山市二番町に生息するBARMANの、日々の雑記です。 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  Top

2011.02.28[月] 店休日のお知らせ(3/10,3/22)

2月が逃げて3月が猿。というわけで?3月の休業日のお知らせです。

3月10日(木)
3月22日(火)

を休業致します。なんとなく休業、ではなく、酒漬けにされてしまいます。女子となら四十路独男としてはウェルカムですが、どちらもオサーンとです。コワイです。

およろしうデス。

ニンニン

スポンサーサイト

2011.02.28[月] 如月晦日

あっという間に2月も最終日です。



オソイデス。



もっと早く逃げてくれ、と。



あ。この時間なのでご多分に漏れず、酔っております。



ニン



  ニン

2011.02.27[日] バーテンダー第4話

金曜日の営業終了後に録画を見るのが楽しみになっている店主めがねでございます。回を経る度に技術が上達しているのをみて、相葉クン、スゲー!と思ってしまいます。放送前まで、嵐とか、相葉クンとか全然知らなかったくせにねw

ドラマ全体としても実際のバーでは出てきにくい具体的な台詞がてんこ盛りで、はっと考えさせられます。多くのバーテンダーは、こういう言葉で教えられるんではなくて、師匠、先輩の背中を見て感じ取って、自分なりの心の言葉に育てていくでしょうからねぇ。あんな優しい台詞言ってくれる人なんて滅多にいませんw

今回は昔からのお客さま役である津川雅彦さんの台詞「バーテンダーの本来の役割は~そこのドアを、開けて入ってきた客を、ほんのちょっぴりでも、幸せにして帰すのが、バーテンダーの責務だ!」というシーンにドキリです。

“ほんのちょっぴりでも”というのが味噌です。この“ほんのちょっぴりでも”のために、バーテンダーは美味しいカクテル創る努力をしたり、美味しい酒を注ぐ努力をしたり、楽しいことを思い出していただいたり、胸の奥に詰まった物を吐き出していただいたり、またはまったりとした自然な静寂の空間を醸し出したり、ドタバタと活気のある空間を演出したりします。(ある意味、吉本張りに使える物は何でも使いますw)結局のところ、幸せというのは本人次第なので、その“ほんのちょっぴりでも”をお手伝いするのがバーテンダーのお仕事です。

とまぁ、優等生チックに喋った時点で優等生ではなくなるので、やっぱり私は底辺バーマンかな。優等生ではない底辺バーマンとしては、ほんのちょっぴり“すら”幸せにできないケースも多々あるので、全てを端折って「まー飲んだらええがな、酔ったらええがな」だったりします。お見えになっていただいたお客さまには、例えノン・アルコールのご注文であったとしても、ほんのちょっぴりだけでも、酔っていただけたらな、とね。

ケッコー言葉足らずだけど、あんまりつらつら書きすぎるとさらに薄っぺらくなってしまうので、これにてドロンといたしましょー。来週も楽しみです。

ニンニン

2011.02.23[水] SUNTORY DRY GIN Professional

80年代に出回っていたサントリーの本気のドライ・ジン。70年代のブードルス(の印象が強いんだけど)のような柑橘系のフレーバー。10年くらい前の雑誌のコラムに取り上げられていたとき、ちょうどジンのお勉強をしててこのジンも飲んでいたので、印象に残っていました。

DSC_7891-s.jpg

本当はその雑誌をもう一度読んでからエントリーしたかったのだけど、どの雑誌か忘れ、いつまでたっても出会えないので開封してしまいました。お勉強するには時間が取りやすい季節なのですw

DSC_7859-s.jpg

ボトルもキャップも封印紙も本気度満載です。常温ストレイトでお飲みになる方が多いけど、これならではのカクテルも楽しいです。

ニンニン

2011.02.22[火] そういえばUnderberg

DSC_7875-s.jpg

一部の奇特な方々から「ところでめがねくん、アレはまだかね?」という会話から始まることの多かった?アレが到着致しました。

取って付けられただけのナンバープレートだなんて大人げないこと言ってはいけません。この四角いプレートは、2010年9月から12月にかけて300杯以上飲み干されたUnderbergの、つまりは数多くの一部の奇特な方々の胃腸を助けた証なのです。背面には下記のように記されています。

As early as the 1930's, Underberg was delivered by the "Underberg herbs truck".
The driver announced his arrival from far away with a special horn signal, which was so catchy that the people were soon whistling along.
They ordered their Underberg quite simply with the Underberg melody.
The model you have in your hands is a reconstruction of the historic "Underberg herbs truck", an Opel 1.3 l van, constructed in 1937 with 24 hp and 1278cc.
The top speed was 80km/h.



んなわけです。簡単に訳すと松山ローカルになるかもしれませんが“ロバのパン”とか“タコのはっちゃん”みたいな感じデス。(嘘)

実際に見ても、決してチープだとかハンドル切れねーとか言ってはいけません。そんな方は全身緑色のこの方を触ってブーンしてください。きっと癒されます。

これからも松山の多くのBARで、せめてUnderbergを1本でも多く取り扱っていただけるよう、啓蒙活動に励みます。本日は素敵なキャンペーンを催していただけた輸入代理店であらせられまするサントリーさまの方角に向いて感謝の意を込め、Underbergを一気飲みするとしましょう。

ニンニン

2011.02.21[月] スコッチ・オデッセイ ~1971黄金の特級時代を想う~

独奏はどちらかというとバーボン屋さんなのですが、シングル・モルト・ウィスキーも若干ながら取り扱っているので、お勉強のために『スコッチ・オデッセイ ~1971黄金の特級時代を想う~』という本を購入しました。私もこの手のを飲むのは好きなのですよ。取り扱えませんけど。

ちなみに、その筋、の方のための本?ですので、天下のamazonさまにはないです。盛岡出版コミュニティーというところで発刊された、その筋、では有名なBARの自費出版本です。どれくらい有名かというと、その筋、のマニアである坂本龍馬役の方がお客さまであるくらいにその筋、では有名です。リンクを張るのも恐れ多いので、興味のある方(というか、これに興味のある方ならとっくに購入されてるでしょうなw)はテケトーに検索してみてくださいまし。

できればバーボンでも守口の大御所BARとか名古屋の大御所BARとかから発刊されたらなぁ、なんて他人任せの妄想をしておりますが、はてさて。

2011.02.20[日] Lived in Bars のち、へろーへろー

ハンパナイくらいにまったりとした昨日(もちろん、ほとんど全てのお客さまが重なっていたので、そんな雰囲気ではありませんでしたけど)ふと脳味噌の電気信号が現実逃避を起こしたのか、とある曲が頭の中を流れ始めました。

YouTube - Cat Power - Lived In Bars


まったりと楽しく、でも気怠く……、

と、土曜日の空いた時間にウェブログをここまで書いたところで、わらわらとお客さま。

昨日の現実逃避していた電気信号が別のスイッチングハブを介して、とある曲に切り替わりました。

YouTube - the cat empire-hello hello


ええ、ただのCatつながりですけど……。でもま、そんな感じでへろーへろー。

ドタバタのままでフェイド・アウトして先ほど閉店なうでございます。

お見えになってくださった一部の奇特な方々には感謝申し上げます。お陰さまでCat Powerのまったりだけのエントリーにならずに済みましたw

最後にノリノリのThe Cat Empireからもう1曲『The Chariot』をご案内して、これをBGMにして洗い物の山田さんを片付けるとしましょかね。ホーン・セクションがあるとそれだけで幸せなめがねでございますw



ニンニン

2011.02.17[木] 雨の木曜日

DSC_7866-s.jpg

えーと、麦酒の空瓶です。在庫に限りはありますが、定期的に需要のあるジャンルの麦酒です。ただし、好みはハッキリとわかれることが多いジャンルの麦酒です。

今回この3本を(私と共に)比較しながら飲み干したお客さまも、最初にお出ししたときは全く受け付けないジャンルの麦酒でした。しかしながら、あれから3年間、独奏に入荷したほとんど全ての麦酒を1度は飲み、それこそ、ジュースみたいなのからアルコール分40%以上の物まで飲み干し(もちろんたまーにこのジャンルの麦酒を飲んだ時だけ、打ちのめされていましたが)やっとこさ今回「なんとなく慣れてきた気がする」とのコメントをいただきました。

相変わらず、日常では(所謂フツーの)麦酒嫌いでワイン党のお客さまですが、当店では麦酒だけのご注文です。「60歳を超えてまさか麦酒を飲み始めるとは思わなかったわ。まだまだ知らない楽しいことがたくさんあるわい!」というお客さまの尽きることのない好奇心、いつまでもお勉強になります。

マニアックな世界では今度このジャンルの麦酒に特化した日本語の本が出版されるそうなので、不勉強な私ももっともっと勉強して、お客さまの知的好奇心を少しでも満たせられたらな、なんて小さな野望を掲げております。

もちろん、このジャンルLOVE!な一部の奇特な方々もいらっしゃいますので、より一層楽しんでいただけるよう、そして、未だ出会わぬ酒的好奇心旺盛な方々との出会いもこのジャンルの麦酒でコテンパンに……いやいや、楽しんでいただけるよう、お勉強しなければな、などとも思った、とある雨の木曜日。

ニンニン

YouTube - 東京スカパラダイスオーケストラ 雨の木曜日(Dub)

2011.02.16[水] カクテーシンコク&ココントコキンキョー

先日からずっと掛かりっきりだった昨年の成績表を提出してきました。もうね、自分で作成するんだからわかってはいたのだけれど、凹みますね。ま、不良在庫と減価償却掛けなきゃなんないくらいの素敵な実質消耗品がかんなり増えたので、独奏さんは無駄に潤っているんですけどね。

ちなみに素敵な消耗品は、カウンター席でカチコン乾杯されるとケッコードキドキしますw

~バー・カウンターでの乾杯は目配せ程度にグラスを掲げるくらいで良いんでないの~

と、声を大にして言いたいトコロですが、ゲンジツはなかなか難しいものです。

さてと、提出する物を提出して頭の中がスッキリしたので、少しずつ素敵な消耗品を使った営業画像を撮っているところです。コチラは私がテケトーに撮ってるので素敵画像にはならないのが残念です。

アップするのもアチラにするかコチラにするかこれまた悩み中。悩んでいてもしょうがないのでお仕事前に河原沿いを徘徊してきました。またまた頭の中はスッキリしたのだけれど、何も解決していません。やっとこさ徘徊して現実逃避しても何も解決しないことに気が付きました。私が徘徊するのはダイエットでもなく、現実逃避でもなく、きっと別の意味があるのだな。

まーそんなわけで?しばらくアチラを眺めているのでコチラはさらに不定期になる鴨デス。他方では意味なく独り呟いているかもしれませんけど。

ニンニン

2011.02.13[日] ウィスキー・ドリーム

ドタバタだった連休も最終日です。意外と人出はありますが、まったりの営業デス。色々とお酒の営業もしないといけないのですが、積ん読になってる本を減らさないといけないのでw もう少し書籍で手抜き更新デス。


ウィスキー・ドリーム─アイラ島のシングルモルトに賭けた男たちウィスキー・ドリーム─アイラ島のシングルモルトに賭けた男たち
(2011/01/28)
スチュアート リヴァンス

商品詳細を見る


時流なので、やっぱりシングル・モルト・ウィスキーの本です。読み出したばかりなので感想は書けませんが、ノン・フィクションなので?普段何気なく飲んでいたり、そして味ばかりに囚われてしまっている方にも、頭を解すためにオススメです。

バボーンな私としては(最近こればっかりw)BGMくらいはみなみらんぼうの『ウィスキー・ドリーム』にしたいところですが、amazonでポチッとするのはグッと我慢しましたw でも、きっとあとで買うんだろうなぁ。


ウィスキードリームウィスキードリーム
(2001/12/05)
みなみらんぼう、井手せつ子 他

商品詳細を見る


ニンニン

2011.02.13[日] Whisky World 2011 FEBRUARY


Whisky World/2011 FEBRUARYWhisky World/2011 FEBRUARY
(2011/01/25)
不明

商品詳細を見る


そういえば、装いも新たに、の2号が入荷しております。装いだけでなく中身も新たに、なのでバボーン屋さんとしてはより一層切ないですが、シングル・モルト・ウィスキーも多少は取り扱っているのでお勉強です。

そろそろ本棚作らないと本が倉庫行きになってしまいます。手に取れる場所に置いておきたいんですけどね。

ニンニン

2011.02.12[土] 少なくとも最後まで歩かなかった


走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)
(2010/06/10)
村上 春樹

商品詳細を見る


できれば自身で完走した後に書きたかったのだけれど、ちょうど愛媛マラソンを完走したお客さまがお見えになって、この本をお貸ししたので、ちらりとエントリー。

フルマラソン、トライアスロンを完走する村上春樹氏のエッセイです。共感する言葉も数多くあるのですが、その中でも、氏の墓碑銘に刻んでほしい言葉『少なくとも最後まで歩かなかった』というのは、多くのランナーの方々の心に響く言葉ではないでしょうか。

ランナーならずとも、生き方にも通じるものですしね。

そんなわけで?真面目に書くと真面目になってしまいそうなので、事務処理に疲れて寄り道ついでのエントリー。

(今日は寝る時間取れるかなぁ……)

ニンニン

2011.02.10[木] 椿まつり

毎年のことなのでリーセント・エントリーの椿検索で割愛します。

ええ、手抜きです。やっぱり椿さんは色んな意味で寒くなるというわけでして。

あ、今年は「吉」でした。3年連続です。でも、暗黒の「凶」時代のクセが抜けずに括ってきてしまいました。また今年も「吉」がなくなったかもしれません。しょんぼりです。

ニンニン

2011.02.09[水] 愛媛マラソン完走!

……したお客さまがお見えになってくださいました。走り始めたのはエントリーしてからの方なので、本番までの期間に壁にぶつかっている姿を何度も見ていました。そしてぶっつけ本番というのも不安なのでということで、年始に開催されたリレー・マラソンに有志を募って参加して走る楽しみ、完走する楽しみを経験していきました。

で本番の時はというと、私は件の勉強会に参加しててゴールの時は知恵熱出しながら、うんうん唸っていました。その後、独奏に戻り開店準備をしているところに「やったぜ、完走、気持ち良かった」というメールが届き、私も祝いの返信をしました。

私自身は股関節の痛みがずっと残っているような気がして、昨年末からあん摩針灸による治療をしながら少しずつ走っていたのですが、相変わらず違和感が残り、年始のリレー・マラソン後からは走るのを止めていました。

でも、完走したお客さまの満面の笑みを見たら、はっと目が覚めました。


走れめがね。メロスのように。


いや、走ったメロス(お客さま)が負抜けたディオニス(めがね)の目を覚まさせてくれたんだな。

というわけで、ちょうどリレー・マラソンから1ヶ月経った今日、ちょいと時間ができたというか無理矢理つくって軽く走ってきました。相変わらずゆったりまったりキロ6分で8kmくらい。久しぶりで筋肉がビックリしない程度に。

あれほどあった股関節の痛みはまだないけれど、しっかりと前後にストレッチをして痛みとも上手に付き合っていくことにしよう。人生の折り返し地点を過ぎたんだから、どーせこれから色んなものを背負っていくんだし、多少余計なモノが増えても道のりが寂しくなくて良いもんだろうよ。

ニンニン

2011.02.06[日] 顔本

隠れ家と自ら言った時点で、隠れ家ちゃうやん

という言葉に諸手を挙げて賛成派なので、私から隠れ家を名乗ることはないのですが、多くのお客さまが「ここは誰にも教えない」宣言してくださるので、きっと独奏はそういう立ち位置なんだろうと自覚はしています。

“繋がり”なるものから最も遠い位置にあるべし。なのもわかっています。

駄菓子菓子

このご時世で世間さまから放り投げてくださる多くの命綱を手に取りもせず、世間の荒波をあと数十年泳ぎ切れるほど、腕に覚えもございません。

そんなわけで、ゆるーく発信するウェブログ支店や、ゆるーく繋がるツイッターなども微妙に運用していたりします。もちろんそのためにニョキッと表舞台に出てしまうと、独奏の存在意義が変わってしまうので、そうならないようには、最も注意を注いでいます。命綱を握ろうとも、船に上がってはいけない、という立ち位置なのでしょう。

独奏は生かさず、殺さずだよ(はーと)

と独奏へお見えになってくださる一部の奇特な方々が私を取り囲んで囁いているかごめかごめな夢を見て、脂汗かきながら目覚めたことも1度や2度ではございません。

そんな私ですが、本日はFacebookのお勉強会にTwitterのフォロワーさん経由で参加して参りました。

正直なところ、まだ雲を掴むような感覚なのですが、これは本当にガチムチで繋がるソーシャル・ネットワーキング・サービスの予感デス。立ち位置の見当も付きません。なのでどんな具合に使っていくかさっぱりわかりませんが、きっとガチムチの命綱を前にしても、荒波をぷかぷ~か浮かんでいるアヒルちゃんの立ち位置を守ると思いますので、一部の奇特な方々に関しましては、温かい目で見守っていただきたい次第でございます。

お よ ろ し う

2011.02.05[土] バーテンダー

昨日は早い時間に馴染みのお客さまが、初めて奥さまと、そして進学の決まったお嬢さんとお見えになってくださいました。お嬢さんは初めて体験するBARできゃっきゃです。

昨日から始まったドラマ『バーテンダー』のこともご存じなのだそうです。というか、今や小学生女子から半世紀前に小学生だった女子までを虜にするアイドル・グループのメンバーが主役なのに知らない人はいない!のだそうです。

また別のお客さまの中学生の娘さんがドラマ化の影響で、お客さまの所蔵する原作漫画『バーテンダー』を読んで、面白い!なのだそうです。歪みきった現代社会問題の若年化をリアルに垣間見た気分です。

ま、そんなわけで?録画していたドラマを見ました。

あの場所は!とか、あの人は!とか、あの台詞は!とかリアルでシンクロしてしまう私の色めがねを外して、なるべくニュートラルなめがねで見た感想として、最近の言葉で表すならば、

バーテンダー△(さんかっけー)

ですね。

もしかしたら、リアルにドラマの台詞を使う脳内フラワーな方も増えるんじゃないのかとも思われますが、これを機会にバーテンダーに興味を持つ方が増えていただければ、それはそれで、きっと関係業界全体にとって良いことなのでしょう。

ドラマが始まる前は実在する嵐というBARにいる相葉さん?というバーテンダーが主役なのかと思っていためがねですが、最終話を見終える頃には、アイドル・グループ嵐のメンバーを全員覚えられていたらいいな、という小さな目標を掲げた店主めがねでございます。

ニンニン

2011.02.03[木] ほんやくこんにゃく

昨年は前厄の威力を十二分に味わっためがねですが、厄除けしていただいていたからこそあれくらいで済んだのだ、の気持ちで今年も菊間の遍照院で厄除祈祷を受けて参りました。今年も複雑なビートに乗ったドラムが心地良く、何か祓われたような気がしますw

それにしても、噂に聞く本厄の破壊力はどれくらいのものなのでしょうか?

年中ハート・ブレイクのめがねに壊れる所はもう何も残ってないはずなのですけど……。

とりあえず、昨日の営業と打って変わって鬼も福もお見えになってくださらないようなので、豆食べながらコーヒー・ブレイクとしましょかね。

ドキドキの1年の始まりデスw

ニンニン

2011.02.01[火] 如月朔日

目が覚めたら閑散期である2月が終わり3月1日だった……、なんてこともなく、やっぱり2月1日でした。

そんな2月だから、どちらかといわなくてもまったりの日が多いわけでして、そんなときにお見えになってくださるお客さまのご注文は、心の狭いめがねのクセして、ケッコー変化球を提案して遊んだりしています。

最近は寒い日も多いので、アイリッシュ・コーヒーの変化球です。幾つもの試作を経て今のレシピになっているのですが、他のレシピがイケてないわけでなく、オペレーションとか原価とか色んな大人の事情で今のレシピに落ち着いているので、変化球でお出しするとそれはそれでお客さまにも楽しんでいただいています。

寧ろコッチの方が良い!

と仰る方も多いのですが、ま、あくまで変化球ということで。こんな時期だからできることってのもあるのですよ。バリエーションが増えすぎるとオペレーションとしては繁忙時間帯では絶対に回りませんからね。だからこその最も手間の掛かる、でも楽しい、アイリッシュ・コーヒーをさらにバリエーション増やして遊んでたりしてたり。

他のカクテルももっと遊ぼうかなぁ。

あ、なんだかオラ、ワクワクしてきたぞっ!

微妙に楽しい如月朔日。

これにてドロンでゴザル。

ニンニン

プロフィール

店主めがね

Author:店主めがね
場末のバーの中の人です。
心が狭いので優しくないです。
めがねは絶対に外しません。

業務連絡
ウェブログ支店引っ越しました。
http://dokusou.blog.jp/
カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
ブログ内検索
月別アーカイブ

Plug-in bymaruafi

QRコード
QR
アルバム
呟いても独り
リンク
Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。