独奏ブログ

愛媛県松山市二番町に生息するBARMANの、日々の雑記です。 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  Top

2013.12.31[火] 大晦日

今年も残すところあと数時間。

勿論、本日もいつも通り営業しておりますので、是非お越しくださいませ。

特別にカウント・ダウンなどする予定もなく、いつも通りの営業ですので、まったりお過ごしくださいまし。

ニンニン

スポンサーサイト

2013.12.30[月] かふぇetばー

某スタバのような営業状況で毎日超絶テンパっている店主めがねでございます。かふぇetばー状態のお客さまに対してお独りばー形態なので数字はゲフンゲフンなんですけどね。

うーん……。癒し菓子、毒吐きたいけど結局自分の努力不足ってコトなのヨネ。

街が~とか人が~とか他店は~とかナサケナイ毒吐かないよう踏ん張りまっすん。ちらりと吐いてるトコロが格好悪いのは仕様です。これにてドロンでゴザル。

ニンニン

2013.12.28[土] へろへろ

毎日がどたばたとまったりの繰り返しで三大欲求の全てが満たされていない数日を過ごしております。まぁ1つはいつも満たされていませんが。うるせーばーかばーか。……こ、こほん。店主めがねでございます。

実営業に関しては一部の奇特な方々は信じないかもしれませんが、まったりの比率が高かったりします。こればっかりはタイミングですよ、タイミング。

というわけで?どたばたしているのは、暮れの元気なご挨拶の準備とか大掃除とか事務処理とかの営業時間外だけだったりします。

IMG_0669-s.jpg


へろへろなのですが、開店するとシャキッと生き返るのが不思議なモノです。まだまだ仕込みが終わらないのでこれにてドロンでゴザル。

ニンニン

2013.12.24[火] イヴといえば

伊武雅刀を思い出す店主めがねでございます。

Youtube - 伊武雅刀  何んかちょうだい


Youtube - 伊武雅刀 子供達を責めないで


Youtube - 伊武雅刀 - だって、ホルモンラブ


というわけでめりーくりすます。

ニンニン

2013.12.22[日] 冬至

本日は二十四節気の第22の冬至です。一年で最も長い夜の日です。昨日までのてんやわんやの営業と違ってまったり長い夜を過ごしている店主めがねでございます。

週末に満席で入店できなかった一部の奇特な方々かむばーっく!

というわけで?ル レクチエが完売寸前になりました。このままではこの週末お見えになってくださったのに入店できずに飲むことが叶わなかった一部の奇特な方々に申し訳ないので、いつもと違う生産者さんに発注してみました。届いてみないとわかりませんが、恐らくこれで年内は戦えるはずデス。

松山でも雪がちらつくようになり寒さも厳しくなってまいりましたので、くれぐれもご自愛くださいまし。ル レクチエも良いですが柚子のカクテルなんぞもオススメですよ、と冬至の長い夜にオススメしといて筆置。

ニンニン

2013.12.20[金] ル レクチエ

今シーズン最終便が届いております。恐らく来週末には残っていないかもしれません。残っていたらゲフンゲフン。店主めがねでございます。

Pimagic-super-photoDSC_0886-s-s.png

今シーズンは追熟具合がイマイチで届いたので提供までに例年より日数を要してましたが、今年は気候がおかしかったからでしょうか?流石に最終便はイイ感じに熟していましたので、全力でオススメいたします!

ニンニン

2013.12.17[火] わが酒の讃歌

最近の方はどうなのか知りませんが、私世代から上のバーマンだとたぶんご存じだと思うコリン・ウィルソンが12月5日に亡くなりました。同世代だけでなく若い世代との縁も希薄なぼっち店主めがねでございます。


わが酒の讃歌―文学・音楽・そしてワインの旅 (1975年)わが酒の讃歌―文学・音楽・そしてワインの旅 (1975年)
(1975)
コリン・ウイルソン

商品詳細を見る


駆け出しの頃に「酒代と本代は惜しむな」との言葉を先輩からいただいてからずっと実践していたのですが、近年は本を読む時間がとても少なくなりました。コリン・ウィルソンの『わが酒の讃歌』も色々なお酒の本の参考文献になっていたので古書店で購入して読んでいましたが、今や記憶は朧気です。しょぼん。

このご時世なので掻い摘んだ内容はググれば出てくるのですけど所詮は孫引きなので、やはり原典を多少は覚えていないと薄っぺらく思ってしまいます。年末進行中なのでなかなか時間を作ることが出来ませんが、年が明けたら悲しいほど確実にまったりするでしょうから、久々にスコッチ片手にコリン・ウィルソンを偲びながら読んでみようかな、なんて思ってみたり。

もしも興味を持ってこれから読んでみようかなと思った一部の奇特な方々には訳者である田村隆一の本もオススメですよ。

ニンニン

2013.12.14[土] ネコノテ

お師さんが走り出している模様です。独奏にお見えになる皆さんも平均的な行動パターンの方が多いので、小さなお店ですし、まったりしているかと思ったらあっちゅう間にドタバタしてしまったり。なぜ皆同じ行動パターンなのでしょう。矢張り私が平均的で個性の欠片もない行動パターンだからなのでしょうか?店主めがねでございます。

というわけで?二番町の街は老若男女が湧いております。それが一斉に動き始めて一気に満席になるので、ぼっち営業といたしましては本当に回らない。嗚呼、口から毒が出てきてしまいそうです。そうならないために猫の手も借りたいくらいだけど、きっと来月にはゲフンゲフンで猫用無しだろうし、猫で手が回らなくなりそうだし。

Pimagic-super-photo20131214115052-s.png

猫の手を借りても碌なコトないので、猫画像のボトルを撮ってみました。やはり働きそうにないです。

ニンニン

2013.12.11[水] 画像

「画像がないと寂しい」と一部の奇特な方からご意見いただきましたので、普段需要はあっても此処ではあんまり紹介しないお酒たちの画像でもテケトーに掲載しようかなと思います。安請け合いしなくてすむお薬が欲しい店主めがねでございます。

Pimagic-super-photo20131211210732-s.png

先月NHKより制作発表があったのでご存じの方も多いでしょうが、平成26年度後期の連続テレビ小説において、ニッカウヰスキー創業者 竹鶴政孝・リタ夫妻のエピソードを下敷きとしたドラマ「マッサン」の制作が決定しました。NHKなので企業名はでないでしょうが、ニッカといえば北海道の余市蒸溜所、宮城県の宮城峡蒸溜所がありまして、私はまだ行ったことがないのだけれど一部の奇特な方々はたまーに大人の社会見学に行っています。

大人の社会見学人気ランキングでもトップに位置するのはお酒の製造現場なので、来年のドラマを境にさらに人気が高まるのでしょうか。画像のボトルは蒸溜所限定で、行かれる方に購入をお願いしています。そしてお酒造りの現場を見るとやはりお酒に大して興味が増すようで、皆さんファンになって帰ってきます。(中には樽買いする方々も!)

来年ドラマを見てウィスキーに興味が湧いたならば、是非とも大人の社会見学をオススメします。ウィスキーの味わいは自然に包まれた場所で育つので、お酒に強くなくてもきっと楽しめると思います。

私も色々なことを安請け合いして困ることのないような処方箋を見つけ出して、大人の社会見学できるようにならないとなぁ……。

ニンニン

2013.12.10[火] Le Lectier

公式には日本語だと“ル レクチエ”で、“ル・レクチェ”ではないそうです。私も公式には“店主めがね”でして“店主メガネ”ではございません。

201312091911.png

というわけで?数年前に、以前ほどラ・フランスを美味しく熟成できなくなったなぁと思っていた頃に出会ったル レクチエさんの香りに惚れて、毎年この時期はル レクチエの入荷が楽しみなのです。今年は例年より早熟な感じで届きましたが、徐々に良い香りを放つようになりましたので、順次オススメしております。取扱期間は長くても年内ですので、気になる方はお早めに。

ニンニン

2013.12.08[日] Whisky World 2013 DECEMBER 他

もうバーボンの素敵な記事は諦めた『Whisky World 2013 DECEMBER』が入荷しております。特集はブレンデッド・ウィスキーのブランド物語です。今更?なんて思う方はシングルモルトが楽しくて仕方ない方なのかもしれませんが、これからウィスキーを楽しむ方にはブレンデッドも大切な選択肢です。もちろんボトラーズとかハイエンドだけじゃなくてスタンダードも。

割り用の水やソーダのお話もこれから楽しむ方に向けての入り口には大切なトコロです。お店によって色んな考えで選んでいるでしょうから、アレじゃないとダメとならなければ歪まずに楽しめると思います。因みに近年の独奏は能勢ミネラルのお世話になっております。

珍しく?ラムの特集が思いっきり組まれていた『男の隠れ家 2014年 01月号』はラム好きさんにオススメです。寧ろ1冊のムックにしても良いくらいですが、現状ではこれくらいがちょうど良いのでしょうか。単行本として何冊か出ているテキーラとは違うアプローチで面白いです。

ついでと言ってはなんですがジャパニーズ・ウィスキー関連の新書も今月出ますね。最近サントリーさん関連の本が多く出ますが、来年のニッカさん関連(になるかはわからないけど)の朝ドラもあるし、日本のウィスキーに興味ある方はオススメです。

あ、先端カクテルのムックも出ますが、こちらには手が出せるかどうかはわかりません。Birdyで遊ぶくらいの距離が私にはちょうど良いのかも。

ニンニン

2013.12.05[木] STAY WET!

乾燥しているDRYな冬にWETとは是如何に?と思うかもしれませんが、本日12月5日は1933年の米国での禁酒法が撤廃された日です。渇いた喉をお酒で潤せって感じのコピーで当時の新聞とかによく書かれていました。先日お見えになったお客さまが「ウェットに富んだ生き方しないとねぇ」と言ってたのを突っ込むべきか迷った店主めがねでございます。

というわけで?あまり意味がわからない人の方が多いと思われますが、わかる方もSPEAK EASYで。毎年恒例のアレを開封します。

開業当初から毎年楽しみにしている方も転勤とか年齢とか景気とかで少なくなってきましたが、今年もおよろしうです。

ニンニン

2013.12.04[水] 年末年始の営業日程

毎年恒例の年末年始の営業日程です。

年内
12月31日まで。
年始
1月1日から。

以上

2013.12.02[月] 不動ドアのお知らせ(2013師走)

実は昨年末は大繁忙シーズンにもかかわらず、ベタ凪営業だった独奏です。12月くらいビッグ・ウェーブに乗りたい店主めがねでございます。

きっと昨年末は1ヶ月以上無休だったのが原因なんでしょう。きっとそうなんでしょう。

というわけで?普段通り2日ほど休業日を設けました。

12月2日(月)
12月18日(水)

を休業いたします。いきなりの本日不動ドアですが、いきなり決めたのでごめんなさい。

お よ ろ し う

2013.12.01[日] 霜月晦日師走朔日

「A店もB店も満席だったから来た」って言葉は言わない方が良いと思う、心の狭い店主めがねでございます。

二番町の底辺の独奏ですから二番町全体が繁盛して“おこぼれ”がないと死活問題なので、11月末はきっと街は湧いていたのでしょう、独奏も久々に“おこぼれ”さまにお見えになっていただき、ホッとしております。

勿論、食事も取らず独奏目指してお見えになってくださった方や、〆はウンダーベルクでという方など、フツーにお見えになってくださった一部の奇特な方々には感謝感激でございます。心狭いというか単純な店主めがねですので、言葉一つの選び方で私なんかチョロいもんだと思います。

というわけで?師走の足音が大きくなってきたようで、二番町も活気が出てきました。いつものまったり独奏の空気を守って欲しいと思う一部の奇特な方々も多いと思われますが、にぎにぎやかやかになる日もないと二番町の底辺から転げ落ちかねませんので、笑って許してくださいね。

そしてくれぐれも「独奏が満席だったから来た」なんて他店さまで言わないように。私ほど心狭い人はいないでしょうけど、底辺からの“おこぼれ”さまだとわかるとマジ凹みかねませんから。

なんてグダグダ書いてる霜月晦日からの師走朔日。心狭いけど2013師走もおよろしうです。

ニンニン

プロフィール

店主めがね

Author:店主めがね
場末のバーの中の人です。
心が狭いので優しくないです。
めがねは絶対に外しません。

業務連絡
ウェブログ支店引っ越しました。
http://dokusou.blog.jp/
カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
月別アーカイブ

Plug-in bymaruafi

QRコード
QR
アルバム
呟いても独り
リンク
Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。