独奏ブログ

愛媛県松山市二番町に生息するBARMANの、日々の雑記です。 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  Top

2014.01.31[金] あっという間に

1年の1/12が過ぎようとしています。今話題のSTAP細胞の研究が進んで不老不死の時代がやってくるとするならば、そんな感覚もなくなるのでしょうか?店主めがねでございます。

独奏では昔のお酒を扱ってはいるけれど、私自身は“昔は良かった”というよりも“常に明日は今日より素晴らしい”と思うタイプです。なかなか信じていただけないですけど。昔のがあるから今のがある訳だし、昨日までの結果が今日なんだから、当たり前田と思うんだけど。

Pimagic-super-photo20140131213315.png

というわけで?ここ数ヶ月ほとんど運動をせずに喰っちゃ寝、喰っちゃ寝してたらベルトできないくらいに腹が出てしまいました。昨日までの結果デス。

2月からダイエット頑張る。明日やろうは馬鹿野郎

んがぐぐ

スポンサーサイト

2014.01.26[日] 世知辛い世の中

ガチョウの飼育方法が残酷!とかカエルが飲酒を誘発するの!とか、なんだか不思議なニュースをいくつか見たのですが、これは一体何なのでしょうか?フォアグラを食べたことのない私には残酷なニュースです。店主めがねでございます。

確かにガチョウの飼育動画を見ると残酷ではあります。でもこれフツーに私が口にする卵や牛乳、肉だけでなく野菜や果物でも同じなんじゃないのでしょうか。人の手によって人が美味しいと感じる味に育てることで十分残酷でしょ。フォアグラと名乗りつつ実はアン肝の偽装だった!なら私も食べたことあるから残酷なニュースにならずにすんだのに。

タコチューハイとかペンギンとか松田聖子を思い出した方はアラフォー以上でしょう。恐らくアラフォーくらいの方は未成年なのにこれらを飲んだ方もそれなりにいるのではないのでしょうか。タコやペンギン、何よりも聖子ちゃん(21歳)に惑わされたでしょうよ。



当時でも未成年飲酒はダメだけど、今ほど飲酒に対しては厳しくない時代だったと思います。しかしながら2010年代でカエルに惑わされて飲酒しちゃいそう!だなんて、どんだけピュアなんでしょう。正直言って飲酒に厳しい時代だからというだけでなく、そんなこっちゃこれからの世の中、生きていけませんよ。

……と、表面的なトコロに釣られてみましたが、誰が何のためにこんな事を起こしてそれがニュースになったりするのでしょう。世知辛い世の中でございます。ご存じだと思われますが、“世知”辛いとは“勘定高くて抜け目がない”人が多いという意味で、まぁそんな人が増えるとホント世の中生き難いものです。できれば私も世知辛くないサーなんて言いながら生きて行ければよいのですが、そこまで勘定高く生きては行けません。

残酷とか誘発とか色々あると思うけど、ある程度の幅と多様性を認めた上で法を犯さず自分で判断して選んだモノを「いただきます」して残さず食べれば良いと思うのですが、それじゃダメなんかなー

ニンニン


2014.01.23[木] 琥珀色の名脇役たち

というのは先日発売された『ウィスキー・アンド・シネマ』という単行本のサブ・タイトルです。私は琥珀色酒の名脇役になれるでしょうか?店主めがねでございます。


ウイスキー アンド シネマ: 琥珀色の名脇役たちウイスキー アンド シネマ: 琥珀色の名脇役たち
(2014/01/09)
武部 好伸

商品詳細を見る


いつもご案内している『Whisky World』で連載されていたエッセイが加筆・修正されて出版された単行本です。カクテルがお好きな方は『シネマティーニ』という本を見聞きしたことあるかもしれませんが、どちらも同じ方の著書です。ウィスキーがお好きな方はケルト系の紀行文もたくさん書いてらっしゃるので読んだことあるかもしれませんね。

『ウィスキー・アンド・シネマ 琥珀色の名脇役』ということで、ウィスキー好きにはたまらない名シーンが新旧さまざまな映画から紹介されています。もしかして観たことのない映画が載っていて興味を持ったならぜひとも映画を観てみませんか。私も観たことないのもあるし、観たけど記憶が朧気なのもあるので、今年はこの本に掲載されているのを出来るだけ観てみようかなと思っています。連載時に観とけよってことなんだけどもね。

そんなわけで?今日はスロー・スタートっぽいですし、この本でも読みながらドアが開くのを待つとしましょかね。

ニンニン

2014.01.21[火] 大寒

1月20日は二十四節気の第24、大寒でした。私の懐も大寒です。店主めがねでございます。

これから立春の前日までが寒さの最も厳しくなる頃と言われていますが、松山では椿まつりの時期が一番冷え込むと言われているので今年の斎行日2月6日(木)7日(金)8日(土)くらいまでが寒さのピークになるのでしょうか。

椿まつりは商売繁盛祈願のお祭りですので、毎年二番町も神様には敵わずお客さまをお祭りに連れてかれてゲフンゲフンになるのですが、そうですか、数少ない2月の週末を持ってっちゃいますか。

それは兎も角、こう寒いと冷たいカクテルよりも温かいホッとカクテルを飲みたくなる一部の奇特な方々も増えてくる訳で、定番のアイリッシュ・コーヒーのご注文が一番多いのですが、たまにフルーツのホッとカクテルできないの?と質問を受けることもあります。

私の技量と器量が足らないので全ての果物というわけにはまいりませんが、いくつかの果物のホッとカクテルはできますので、興味がある方はおっしゃってくださいまし。

お よ ろ し う

2014.01.20[月] 復習日和

店主めがねでございます。お寒い日曜営業は宅配の人としか会話しませんでした。

年明けからゴーストタウンの二番町なのを見越して?溜め込んだ事務処理をしている飲食業の方も多いのでしょう。各方面から「確定申告の準備が捗った!」という良いのか悪いのかわからない叫びが営業日報的に聞こえてきます。ですよねー

一方の私はまだまだ余裕です。

期限の3月17日ってまだまだ先じゃないですかーヽ(´ー`)ノ

っというわけで?秋冬で観に行った美術展の図録でもまったり読んでいます。

20131101221727-s.jpg

期間中に作品を制作してて毎日変わり行くその過程を観られるというのは、濱田亨氏の摩訶不思議な作品にまた1つ近寄れるような気がして興味深かったです。何回か観に行ったけど最終日に伺えなかったのが残念。何処に納められるんだろ?

20140115204413-s.jpg

パリ時代の商業的なミュシャに、お酒好きの方にも好きな方が多いと思いますが、仕事柄、他人様の記録に残らない履歴に立ち会うことが多いからでしょうか、個人的にはミュシャがパリで成功を収めた後のあまり展示される機会の少ないチェコに帰国してからの作品に興味があったので、今回は観に行って本当に良かったです。

世間受けする仕事をして稼いでから好きなことをするという道を歩けない店主めがねとしては、今回多数の後期作品を観て、世間受けする仕事をしている時からも、本質的には芸術家として課せられた義務へのミュシャの解釈は一貫性があるような気がして、私の中から何かがストンと落ちました。世間受け大切!

あんまり面倒臭いこと書いていてもアレなので……、結局薬局一番きゃっきゃしながら観てたのはミュシャがデザインしたフリーメイソンのゴブレットだったりして。面倒臭いくせにわかりやすい店主めがねです。世間受けできるかしら

ニンニン

2014.01.16[木] もしも1年後の今日からお酒を売ってはいけない法律ができたなら

も少し細かく示すと「この法によって許可される場合を除いて誰も少しでも酔わせる酒を製造しない、売らない、物々交換しない、輸送しない、輸入しない、輸出しない、届けない、提供しない」だとすると……。

さてどうしましょ?

1年間でお小遣いの限り買い貯めるか、体壊すまで飲みまくるか……。1年後に法律が施行されても飲むのも買うのも罰せられないからもぐり酒場に行って飲んでるかな。それとも家でストックをちびりちびりと飲んでるかな。

お仕事はどうしましょ?

何か他の仕事できるかなぁ。看板出さずにこそっともぐり酒場を営業するのかしら?「ほら、血まみれメアリーだぜ」とか「店主めがね特製だぜ」とか言って果物のジュースにゲフンゲフンな液体を混ぜて提供してたりして。

……

今と同じやん……。自動ドアを小窓付きの手動ドアに付け替えるくらいしか変わらへんやん……。あとはギャングの抗争に巻き込まれることがないくらいかな。

ウィスキー・オン・ザ・ロックスのシーンから始まる私の好きな禁酒法時代のギャング映画から画像拝借。
201401161629.jpg

Back to 1919、1月16日、禁酒運動による相当な圧力の下に渋々だったらしいけど、米国で禁酒法が成立し、翌1920年1月16日に施行されたのでした。ちなみに禁酒法時代は、禁酒運動派の思い描いた高貴な世界じゃなくて、飲酒は増え、犯罪も増え、寧ろ多くのフツーの善良な一般市民まで禁酒法を無視して法律の遵守が軽んじられる世の中になってしまい、約13年で終えるのでした。

この田舎町なら13年以上戦えるであろう酒倉庫の棚卸に嫌気がさしてちょいとウェブログ更新なぞ。これにてドロンでゴザル。

ニンニン

2014.01.14[火] サントリー・ビーム!

何だか私が40日ブリくらいに公式のお休みをいただいて爆睡している間に超大型買収劇があったようですね。キリンとの縁談が破談になってからのサントリーのキレッぷりがたまりません。オーナー企業ならではのスピード感がスリル満点です。まったり爆睡している私とはエライ違いです。店主めがねでございます。

というわけで?昨年アタマからサントリー取り扱いのお酒がビーム社のブランドになって、その時はそれだけで大きなニュースだと思っていたのです。その後は両社交流の記事をお酒雑誌で見るくらいで気にもしていなかったのですが、まさかこんなコトが待っているとは思いもしませんでした。

保有する酒類も販路もワールドワイドでバランス良くなりますし、サントリーが造っているウィスキーへの樽の供給もさらに幅が広がることでしょう。願わくば(ほぼ死蔵している)名前だけ使われてそうな保有バーボン・ブランドをオリジナルの蒸溜所として復活させてくれないかしら?なんて思ってみたりもしますが、はてさて。

私も爆睡するだけでなく、もっと泥酔せねばなりませんね!あれ?

んがぐぐ

2014.01.10[金] 冬型

冬型の気圧配置で今朝の降雪はすごかったですね。ちょうどその時間に自転車で帰宅していた店主めがねでございます。スリック・タイヤ怖いデス。

というわけで?寒さの厳しい時期ですので、たまには常温で楽しめるバボーン以外の琥珀酒の画像でも載っけて独奏も冬型の気圧配置アピール。

20140107201620.png
数年ぶりに再入荷した30年以上熟成されてるカルヴァドス(林檎のブランデー)は相変わらずお祖父さんの代に蒸溜されたのを現当主が瓶詰販売しているのかしら?お小遣いが許すなら50年以上熟成されたのもご案内したいなぁ。30年はまだまだ若造に感じちゃいますから。

20140107194649.png
シェリー樽熟成のシングルモルトは最近はあまり購入しないのだけど、コチラはコスパ高いと感じたので久々に入荷。そう思うくらいに最近のはコスパ悪くなってくばかりだし、良さげなのは入荷し難くなっててしょぼぼんぬ。んなこという以前にまだ一部の奇特な方々に需要をつくりきれていないので、自身の感覚もリセットするために今年はシングルモルトはオフィシャル・スタンダードを増やす予定デス。

20131217202953.png
いつまであるのかしら?毎年年末に限定入荷する'40~'50年代に蒸溜されたといわれている希少なラムが今年も入荷。代わりになるラムがないのでこれが一番早くなくなるんだろうなぁ。

どれもデッド・ストックではなくフツーに現在発売されているコ達だけど、まったり楽しめると思いますので気になる方は如何かしら?

ニンニン

2014.01.07[火] 睦月の不動ドア

諸々と相変わらずの冷え込みデス。風邪の予防など体調を整えるために今朝は七種粥を食べた方も多いのではないでしょうか。事務処理専念のため朝食は蜜柑だけだった店主めがねでございます。

とはいえ体調を崩しては休業せざるを得なくなるので、昼食はカレーです。そして体調を崩して休むことほど切ないことはないので今月の不動ドアの日を決めました。

20140107212942.png

1月13日(月)
1月29日(水)

です。寒さが深まってくる時期ですので健康に気をつけて、というか適度なお酒と共に(ココ大事!)くれぐれも日々ご自愛くださいまし。

ニンニン

2014.01.06[月] 寒の入り

暖かかった正月から一転してグッと冷え込んできました。そういえば昨日は二十四節気の小寒、寒の入りです。独奏の営業状況も今週からは寒の入りです。店主めがねでございます。

先週まではエライコトになっていましたが、今週からは予想通り?平常運転になりました。フルーツ・パーラー地獄から解放されたの久し鰤デス。やはり冷え込んだまったりした日には琥珀色のお酒が似合います。

特に珍しいのは開封してませんが、写真撮る時間くらいは取れるようになったのでまたチラリと案内していきますねー

ニンニン

2014.01.01[水] あけましておめでとうございます。

今年も皆さまが二番町で遭難しないよう街の灯台として一月一日から明かりを灯しております。

20140101202245.png
20140101202516.png
20140101210950.png


今年最初の要救助者?と開栓したのは2007年に醸造されたLiefmans Goudenbandというベルギー・ビールです。iPhoneで撮ったへたっぴ画像なのでわかりにくいですが、熟成が進んで澱が瓶の底に沈むため、色合いがとても澄んでいます。(3つ目の画像が澱)

綺麗に熟成された麦酒の香りはとても複雑でどんどん変化していき、味わいも非常にまろやかでした。

最高のお酒と共に幕開けとなった2014年、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

ニンニン

2014.01.01[水] ありがとうございました。

2013年の全ての営業を無事終了致しました。たんたんと変化なく過ごしてきたつもりですが、琥珀酒の熟成と同じように、ゆるやかに良い点やそうでない点が出てきたことを感じた1年でした。全ては独奏にお見えになってくださった一部の奇特な方々のお陰です。この場をお借りしてお礼申し上げます。

2014年も一部の奇特な方々にとってより酔い年でありますように。

独奏
平岡 亮介

プロフィール

店主めがね

Author:店主めがね
場末のバーの中の人です。
心が狭いので優しくないです。
めがねは絶対に外しません。

業務連絡
ウェブログ支店引っ越しました。
http://dokusou.blog.jp/
カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
月別アーカイブ

Plug-in bymaruafi

QRコード
QR
アルバム
呟いても独り
リンク
Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。