独奏ブログ

愛媛県松山市二番町に生息するBARMANの、日々の雑記です。 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  Top

2011.02.27[日] バーテンダー第4話

金曜日の営業終了後に録画を見るのが楽しみになっている店主めがねでございます。回を経る度に技術が上達しているのをみて、相葉クン、スゲー!と思ってしまいます。放送前まで、嵐とか、相葉クンとか全然知らなかったくせにねw

ドラマ全体としても実際のバーでは出てきにくい具体的な台詞がてんこ盛りで、はっと考えさせられます。多くのバーテンダーは、こういう言葉で教えられるんではなくて、師匠、先輩の背中を見て感じ取って、自分なりの心の言葉に育てていくでしょうからねぇ。あんな優しい台詞言ってくれる人なんて滅多にいませんw

今回は昔からのお客さま役である津川雅彦さんの台詞「バーテンダーの本来の役割は~そこのドアを、開けて入ってきた客を、ほんのちょっぴりでも、幸せにして帰すのが、バーテンダーの責務だ!」というシーンにドキリです。

“ほんのちょっぴりでも”というのが味噌です。この“ほんのちょっぴりでも”のために、バーテンダーは美味しいカクテル創る努力をしたり、美味しい酒を注ぐ努力をしたり、楽しいことを思い出していただいたり、胸の奥に詰まった物を吐き出していただいたり、またはまったりとした自然な静寂の空間を醸し出したり、ドタバタと活気のある空間を演出したりします。(ある意味、吉本張りに使える物は何でも使いますw)結局のところ、幸せというのは本人次第なので、その“ほんのちょっぴりでも”をお手伝いするのがバーテンダーのお仕事です。

とまぁ、優等生チックに喋った時点で優等生ではなくなるので、やっぱり私は底辺バーマンかな。優等生ではない底辺バーマンとしては、ほんのちょっぴり“すら”幸せにできないケースも多々あるので、全てを端折って「まー飲んだらええがな、酔ったらええがな」だったりします。お見えになっていただいたお客さまには、例えノン・アルコールのご注文であったとしても、ほんのちょっぴりだけでも、酔っていただけたらな、とね。

ケッコー言葉足らずだけど、あんまりつらつら書きすぎるとさらに薄っぺらくなってしまうので、これにてドロンといたしましょー。来週も楽しみです。

ニンニン

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://dokusou2007.blog121.fc2.com/tb.php/1456-fb87419e
プロフィール

店主めがね

Author:店主めがね
場末のバーの中の人です。
心が狭いので優しくないです。
めがねは絶対に外しません。

業務連絡
ウェブログ支店引っ越しました。
http://dokusou.blog.jp/
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
月別アーカイブ

Plug-in bymaruafi

QRコード
QR
アルバム
呟いても独り
リンク
Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。