独奏ブログ

愛媛県松山市二番町に生息するBARMANの、日々の雑記です。 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  Top

2011.06.28[火] 六月を奇麗な風の吹くことよ

暑い日が続きますが、皆さまお元気かしら?

こうも暑いとふらっと糸の切れた凧のように何処かに飛んで行ってしまいたいのは私だけかしらw

とは言いながらもジトッと湿った風では飛べないし、現実にそんな遠くに行く時間もお小遣いもないので、先日のお休みは海岸線をふらっとドライブしました。

そんでもって辿り着いたのは四国の電力の4割を担っているトコロです。

さんせーとかはんたいとか、そんなのはここで述べるつもりもなく、ただ現実に日頃お世話になっているトコロなんだけど、恥ずかしながら一度も見たことなかったから、行ってみたかったんですよね。

でも、見学とか、ビジターセンターとか、そういうのには行かず、ただ、遠くから見ただけです。(お客さまにそちら関係の中の人も居て色々と伺ってますし、見せられるところで目に見える範囲って限られてますからね)

それはともかく、久々に走る瀬戸内の海岸線はとても気持ちが良かったです。佐田岬の付け根?の山道の途中に車を止めて道路端に立つと心地良い潮風を感じ、瀬戸内海をシャンパン・ゴールドに輝かせる夕日を久々に見て、めがねさんは思わずうっとりとしてしまいました。

F1020004.jpg

山の上を見ると、低周波被害?があるのかもしれないけれど、近く行ってみたくなるほど風格のある風車群。

F1020009.jpg

自然あふれるのこの場所も現実だし、科学技術の結晶とその恩恵も現実だし、その対比を両の眼でしっかと、でもぼけーっと見て、色々なことを考えてみました。実際に来てみると色々なことをもう少し現実味あることとして感じられて、とても良かったです。

エントリー・タイトルは、蒸し暑い梅雨の晴れ間に吹く涼しい風を感じ、ふっと思い出した正岡子規の一句です。ずっと街中に生息していると忘れがちな感覚ですね。

そして普段は全然思い出せないのに、とある瞬間に子規や碧梧桐の句がぱっと思い出されるのは、子供の頃から正岡子規の句を勉強しまくる(今もかな?)松山市民の基本仕様だったりします。

ニンニン

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://dokusou2007.blog121.fc2.com/tb.php/1522-84bbd607
プロフィール

店主めがね

Author:店主めがね
場末のバーの中の人です。
心が狭いので優しくないです。
めがねは絶対に外しません。

業務連絡
ウェブログ支店引っ越しました。
http://dokusou.blog.jp/
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
月別アーカイブ

Plug-in bymaruafi

QRコード
QR
アルバム
呟いても独り
リンク
Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。