独奏ブログ

愛媛県松山市二番町に生息するBARMANの、日々の雑記です。 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  Top

2012.04.04[水] ゲルトルート


春の嵐―ゲルトルート (新潮文庫)春の嵐―ゲルトルート (新潮文庫)
(1950/12)
ヘッセ

商品詳細を見る


久々に家にいる時間が多く、テレビを付けていたら“春の嵐~春の嵐~”と連呼されててヘッセの『春の嵐』を思い出しました。

原題は『ゲルトルート』なんだけれど、邦題は『春の嵐』で「なんでやねん?」と子供の頃は思っていたけれど、年を取ってからは、なんとなくわかるように、ね。

と言っても、10年くらい読んでいないのです。持っていたのはその頃に親しかった人に貸してそのまんま。読み返す度に色々な違ったところが心に響いていたのだけれど、今読むとまた違ったトコロに響くのかしら?

ぼけーっとそんなこと考えてるのは、幸いにも大きな被害に遭わなかったからなのかな?ま、幸不幸についてとやかく言うのは愚かしいこと、とかそんなことも書いてあったかな。また買って読んでみよっと。

ニンニン

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://dokusou2007.blog121.fc2.com/tb.php/1669-20b84f00
プロフィール

店主めがね

Author:店主めがね
場末のバーの中の人です。
心が狭いので優しくないです。
めがねは絶対に外しません。

業務連絡
ウェブログ支店引っ越しました。
http://dokusou.blog.jp/
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
月別アーカイブ

Plug-in bymaruafi

QRコード
QR
アルバム
呟いても独り
リンク
Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。