独奏ブログ

愛媛県松山市二番町に生息するBARMANの、日々の雑記です。 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  Top

2012.04.20[金] EARLY TIMES 150TH ANNIVERSARY

DSC_9998-s.jpg

こちらは2010年に発売された限定のアーリー・タイムズ150周年です。2010年から150年前の1860年というのは、アーリー・タイムズが設立された年です。蒸溜所の設置されたNELSON郡のアーリー・タイムズ・ステーションという場所に由来するのですが、“開拓時代”という意味も含まれています。なんとなくバーボンのイメージにも合いますね。

時代背景としては、エイブラハム・リンカーンが第16代合衆国大統領に就任した年で、そして南北戦争の前年にあたります。『続・夕陽のガンマン』、『風と共に去りぬ』、そして『若草物語』などのちょいと前の時代です。なんとなくイメージ出来ますか?

因みに日本だと桜田門外の変があり、「攘夷!ジョーイ!」と言い始めていた頃ですね。あ、イメージ出来ませんか?

まーそれはさておき、アーリー・タイムズです。当時は蒸溜所がボコボコ出来ていた時期なので今ほど有名ではなかったですが、アーリー・タイムズが本格的にメジャーになったのは、禁酒法時代に薬用ウィスキーとして発売されたからだそうです。(だそうです?)

禁酒法時代にお酒の販売?と思った方はテケトーにググってください、簡単に表層くらいはわかると思います。もしくはリアルで聞いてくださいまし。も少し詳しく説明します。

と言いながらも……。

禁酒法時代には政府から許可を得て薬用酒を販売していた会社がいくつかあったんです。その会社はAmerican Medicinal Spirits、Frankfort Distilleries、Schenley、Glenmore、A. Ph. Stitzel Distillery、そしてBrown-Formanだと言われています。(もっとあるという記事も読んだことありますが、私ごときでは理解し特定なぞ出来ておりません)

この中のBrown-Formanが、禁酒法により閉鎖されたアーリー・タイムズの原酒とブランド・ネームを1923年に買い取り、薬用酒として販売され、より多くの方に認知されていったのです。そしてそれから30年売れに売れての1953年には米国内で最も売れたバーボンとなりましたとさ。

因みに禁酒法時代といえば、政府公認のボトルド・イン・ボンド法(1897制定)というアルコール度数50%で発売されることが主であったので、この時代のアーリー・タイムズも50%(当時の表記だと100PROOF)だったようです。“ようです”というのは、私はこの時代のアーリー・タイムズの実物を取り扱ったことも直接見たこともないからです。

というわけで?当時の味とは違うのは当たり前ですが、所謂チェーン・ラベルというかブランド名が売買されまくって時代によって造っているトコロも味も全然違うなんてことはなく、手堅い商売をしてきた?Brown-Formanのアーリー・タイムズ蒸溜所のアーリー・タイムズ150周年です。やっと本題に入ります。ここまでの文章の校正にどれくらいの時間が掛かったは内緒デス。

DSC_0018-s.jpg

禁酒法時代に多く流通していたフラスコ型の瓶を用いて、ラベルも封印紙も当時の様式に近いデザインのようです。封印紙にはBROWN-FORMANとDISTILLERY No.354の印字。

DSC_0011-s.jpg

細かい字ですが1860-1923年にJEFFERSON郡で造られNELSON郡で瓶詰されたという意味です。(なんか逆のような気もしますが、もう確認するの疲れました)そして100PROOFからアルコール度数50%ということがわかります。

前述の通り私はアーリー・タイムズの100PROOFは飲んだことないので開封するのがとても楽しみだったりします。でもオススメしないと皆さん興味を示されないのよね~。今回たまたまアーリー・タイムズがネタになったので営業ウェブログにてご案内。限定品でイマントコ1本しか在庫していないので飲んでみたい!という方は機会を逃しませんように。

ニンニン

Comment
2012.04.26 Thu 01:16  しょう #-
攘夷!ジョーイ!
ファンキーすぎます(笑)
  [URL] [Edit]
2012.04.27 Fri 20:18  店主めがね #-
あはは。刀ぶら下げてた時代だもん。そりゃファンキーさー
  [URL] [Edit]







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://dokusou2007.blog121.fc2.com/tb.php/1681-59f4ff52
プロフィール

店主めがね

Author:店主めがね
場末のバーの中の人です。
心が狭いので優しくないです。
めがねは絶対に外しません。

業務連絡
ウェブログ支店引っ越しました。
http://dokusou.blog.jp/
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
月別アーカイブ

Plug-in bymaruafi

QRコード
QR
アルバム
呟いても独り
リンク
Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。