独奏ブログ

愛媛県松山市二番町に生息するBARMANの、日々の雑記です。 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  Top

2013.01.21[月] BUFFALO TRACE

今年はバーボンの酒販業界としてはケッコー大きな変化があり、その流れで明治屋さんから正規輸入されることになったのが、BUFFALO TRACEというバーボンです。蒸溜所の名前も1999年に改名されてBUFFALO TRACE蒸溜所です。

実はワタクシ、以前はここのお酒はあんまり好きではなかったのですが、ちらりほらりと見聞きしたり飲んだりしていると、なるほど現代の嗜好にマッチしたバーボンだなと最近は好意的に思うようになっていました。

ところが蒸溜所の名を冠したこのBUFFALO TRACEは発売からずっと正規輸入されてなく、並行輸入品だけだったのです。なので今回正規代理店ができたのはとても歓迎しております。願わくば、ここで造られている多様なバーボンが正規輸入されるとさらに嬉しいのですが、はてさて。

DSC_1111-s.jpg


画像の左が今回正規輸入されることになったBUFFALO TRACEで、右が並行輸入されているWHITE DOGです。WHITE DOGというのは蒸溜したての無色透明の液体で、簡単に説明するとこれを樽に詰めて一定期間熟成させると琥珀色のバーボンになります。

アルコール度数は左が45度で、右が62.5度です。右が62.5度なのは、バーボンに関する法律で、(蒸溜過程でもっと度数の高い液体ができても)樽詰めにはアルコール度数62.5度以下に加水調整することが義務付けられているからだと思います。樽に詰めずに瓶に詰めて発売しちゃったよって感じ。そんでもって、何年か熟成されて、ピークに達した樽を選んで混ぜ合わせ、45度に加水調整されてバーボンとして世に出たのが左です。

WHITE DOGが商品化されるのは稀で、私もセミナーで飲んだことあるくらいです。現地に赴いて蒸溜所で飲んだことある方にオススメすると懐かしく感じてられました。

無色透明というと、ほとんど熟成させないコーン・ウィスキーを思い浮かべる方もいるかと思いますが、レシピがバーボンのレシピなので味わいもまた違いますよー。好きな人向けのお酒ですが、年の初めに熟成していない0歳のお酒を飲んでみるのも如何かしら?比較すると面白いですよ。

ニンニン

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://dokusou2007.blog121.fc2.com/tb.php/1776-dfde7d24
プロフィール

店主めがね

Author:店主めがね
場末のバーの中の人です。
心が狭いので優しくないです。
めがねは絶対に外しません。

業務連絡
ウェブログ支店引っ越しました。
http://dokusou.blog.jp/
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
月別アーカイブ

Plug-in bymaruafi

QRコード
QR
アルバム
呟いても独り
リンク
Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。